テーマ:

とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう

なだいなださんが亡くなって彼の著作を大急ぎで取り寄せた。 これまでまともに読んだことがない。 「娘の結婚」は購入したことがある。でも読んでいない。 今回初めて読んだのが”とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう”だ。 くねくね人生を歩く こころはこころで読む 「うつ」をどう乗り越えるかなど 全6章と付章の「カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がんばって!

ある日のこと。 朝、自宅近くのバス停からバスに乗るとその彼女が乗っていた。 「いつもこのバス?」と聞くとこっくりとうなずいた。 駅について降りようとすると私に向かって何か話しかけてくる。 聞き取れないので「ん?」と言うと、また何かささやく。 また「えっ」と訊ねると小さな声で「がんばって!」 むっちゃくちゃ嬉しかっ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

あはははは

おかしいよね 今年の8月怪我をした 左膝がちくちく痛む。 傷が癒えた後濃い紫色になっていて。 今でも痛々しい。 そこがちくちく痛むのだ。 ひょっとしたら 心の傷がじくじく痛んでいるのかも知れない。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

記憶は嘘をつく?

記憶は嘘をつくのだそうだ。 でもそのことがなぜわかるのだろうか。 だって記憶というのはそもそもその人個人のもの。 他人にわかるはずがないではないか。 どうすれば嘘をついていることがわかるのだろう。 人類の記憶は歴史。 それも嘘をつく?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

男女共生フォーラムとハーモニープラザまつりとミュージックセラピー

11月23日は秋田市の第21回男女共生フォーラムが開催された。 がらにもなく私も少しお手伝いさせていただいた。 メインは、白鴎大学教授で医学博士海原純子さんの講演、読売新聞の人生案内の回答者だ、いつも温かい回答で心が癒される。残念ながらお話を聞くことはかなわなかったが、講演が終わった後で少しだけお話しできて嬉しかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

怖い夢

この頃怖い夢を見る。 荒唐無稽な夢なら目が覚めてホッとするけれど、実際にありそうな失敗や現実的な夢は覚醒してもしばらく夢と現の境目がわからず怖さが続く。 現実的な夢ほど怖いのだ。 この頃しょっちゅうそんな夢を見る。 若い頃、自由連想法を教わったことがある。 夢の分析でもやってみようか。 でも難しいんだよな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭と胸

先日、東京の知人の話を聞きながら、あちらとこちらのの違いに驚いた。 秋田では、心の病に罹患した人のことを、「こっちの方」と言って頭を指さす。 東京では、胸を押さえて「心が」と言うそうだ。 何たる違い! 秋田の弱者に対する思いやりの無さ、ただでさえ精神科などという診療科は行きにくい。 それに輪をかけるように噂を立…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

素敵なバー

心が疲れたとき行きたくなるバーがある。 カウンターは6、7人も座れば一杯になる。 カウンターの中には、和服姿の楚々としたママが一人。 背は高からず低からず。 いつも優しい微笑みを浮かべている。 どうした訳かいつでも客は私一人だけ。 スツールに腰を下ろすと、そっと水割りを出してくれる。 つまみはそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノーベル平凡賞

こんな賞があっても良くないだろうか。 別にそんなに立派なことをした訳じゃない。 誰かに迷惑をかけた訳じゃない。 ひっそりと小さな幸せを求めて生きてきた。 そんな庶民の代表みたいな人に ノーベル平凡賞を!!!
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ある朝目覚めたら

どうせなら ある朝目覚めたら そこは天国だった なんて 死に方をしたい。 だから明日も 一所懸命生きる・・・・・・・ あははは gakkokamenらしくないことを 書いてしまった。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

森の巨象

深い深い森の中を一頭の大きな大きな象が のっしのっしと歩いている。 急ぐでもなく休むでもなく。 小さな動物たちは追いつくのに必死だ。 でも象はマイペース。 ゆったりゆったりとただ自分のペースで歩くだけだ。 百獣の王ライオンでさえも恐れをなして容易に近づけない。 相変わらず象はゆったりゆったりと歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲシュタルトの祈り

ちょっと人間関係で悩んだ時、この詩を思い出してください。 ゲシュタルトの祈り I do my thing and you do your thing. I am not in this world to live up to your expectations, And you are not in this…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢かうつつか

うつつか夢か 最近、明らかにリアリティーの高い夢を見る。 目が覚めてもしばらくは夢なのか現実の出来事なのか、にわかには判断ができないこともしばしばだ。 若い頃は、夢は夢、覚醒するとすぐにわかった。 何故だろうか。 脳の働きが衰えてきたのか。 若い頃には夢の中でしか想像できなかったような修羅場を踏んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒しの人

こんな風に形容するしかない人がいる。 知り合ったのは、もう何十年も前で、特に親しいというわけではない。 二人で飲んだり、膝を交えて話し込んだりしたこともない。 せいぜい廊下で立ち話をする程度なのだ。 その人の前に立つと、いや、ただ顔を見ただけで、癒されるのだ。 何と言うか、癒しの泉みたいなものが心の中にあって、常に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生きて死ぬ智慧

 柳沢桂子さんの”心訳 般若心経” 小学館 本体 1143円 菩提寺では、法事の際に僧侶と一緒にお経を唱和する。その時によく般若心経が選ばれる。 すっかり気に入ってしまったので、いろいろ本やらCDやらを購入した。 この訳は白眉。 柳沢さんでなければできない。 生命科学者柳沢さんの解釈で、また一歩お釈迦様の教えに近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more