テーマ:介護

我がママ 元気

昨日、当面の心配事がとりあえず失せたこともあって、我がママに面会に行ってきた。 女房も同行。途中豚骨ラーメンを食べていこうと思ったが、本日定休日。 雨の中を歩いた。 我がママがいるホールに行くと今日は車いすに座りテレビを見ていた。 女房の顔を見ると破顔一笑「良く来たね」「若いね」と満面の笑みで応える。 「俺は誰だ」と聞…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

不思議な人

孫一家が再び我が家にやってきた。 函館まで遊びに行ってきたのだ。 孫は大きな青虫のぬいぐるみを買ってもらって御満悦だ。 夕食後、何を始めるかと思ったら、その青虫を縦にして「どっこいしょ どっこいしょ」と自分でかけ声をかけて竿燈のように演技を始めた。足も、本物の差し手がバランスをとるように、あっちこっちと微妙な距離をとりながら動…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美男子

美男子なんて素晴らしい言葉があるのに、最近ではイケメンだそうな。 我がママ(母)が施設に入所後、家人(女房)がふと漏らした。 「あそこの施設の職員の皆さんイケメンだったね」と感極まったような言いぶり。 美男子(注)の俺をさしおいて、わざわざ言うことでもあるまいと思って、「どこの話だ」と聞くと、今の施設に入る前にお世話になったシ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

母よ!

なんと言ったらいいのだろう。 今日、母93歳が特別養護老人ホームに入所した。 事前に、ホームへ入所することはとうとう言えなかった。 デイサービスのことを「お風呂」と言っていたから、今日も「お風呂に行こう」と言って連れて行った。 一人暮らしが限界に近いことは、誰の目にも明らかだった。 未明の電話とせん妄(http://b…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

介護するということ

朝3時45分 我がママからの電話で飛び起きた。 入れ歯を外しているせいか言語がきわめて不明瞭だ。 ただ数年前に亡くなった叔母の名前だけが聞き取れる。 着替えて外に飛び出した。 幸い雪は降ってない。 我がママ宅は二階まで煌々と明かりがつき玄関のドアは開け放たれていた。 九二歳の婆さんが二階まで上がり、この寒い中外を歩…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

風邪に吹かれて

数日前から 風邪に罹り体調が絶不調だ。 昨日は、母の通院介助のついでに診療を受けてきた。 結論は、風邪だろうと言うことだったけれど、喫煙歴が長いこともあって、慢性閉塞性肺疾患の恐れがあるから、後日その検査をするという。   ブルー・・・・・・・・ いったん帰宅し、マジック教室へ。 爺と婆手品ではしゃぐ昼下がり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろんなことがありまして

昨夜、午後8時頃一杯飲んで御機嫌なところ、電話がかかってきた。 我がママがお世話になっているショートスティの事業所の看護師からだった。 我がママが部屋に戻ってしばらくして見回りに行くと、顔面に怪我をしていたとのことだった。 洗面台にぶつかったらしい。 これから病院に連れて行ったらよいかとの問い合わせ。 こちらとしては本人を…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

最近の我がママ

数日前のこと、膝を出して、「ホラ」と言う。 膝に怪我をしている。 どうしたんだと聞くと、ベランダに降りるとき転んだという。 直ぐに家内を呼んで治療してもらう。 怪我治療ためのアイテムはかなりそろえてあるから何とかなった。 幸い、傷は深くなかったので医療機関に連れて行くまでもなかった。 こんなことが時々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それにしても暑い

こんな夏は初めてではないか。 梅雨に入ってから空梅雨が続き気温もみるみる上昇した。 そしてその高温の期間も長い。 高校生の頃、ということは今から50年弱も前、お盆が終わると風が涼しくなり秋になったものだ。 しかし今は9月になっても暑い日がある。学生時代を過ごした京都のように。 しばらくの御無沙汰だった。 その訳の一番…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ネタ切れ

ブロガーにとってこれほど辛いことはない。 パソコンに向かう意欲はあるものの書くことがないのだ。 これは苦しい。 昨日の朝、ヘルパーからの連絡で、我がママの家の前の植物に蜂の巣があるとの情報がきた。 女房は、それ行け!という。 押っ取り刀で駆けつけた。(実は、これは嘘で夕方になって少し涼しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それにしても暑い

まだ梅雨が明けていないというのに毎日のこの暑さは何だろう。 母のありんこ退治が原因とはとても思えない。 午前中は歯医者に連れて行った。 入れ歯が合わなくなったらしくて、ところ構わずしょっちゅう入れたり出したりしている。 保険非適用でいいからうんといいものを作って欲しいと言ったら、上の歯だけで15万円プラス消費…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我がママ絶好調

今日も母は絶好調だった。 熱い日差しの中、午前中はありんこつぶしに余念がなかったし、それに飽いたか午後は紫陽花の枯れ葉摘みに精出していた。 その都度、厳しい教育的指導を行うのだが、「私のことを心配してくれる息子がいて幸せだ」なんて言われると、「このババア、早く家の中に入れ!」なんていう気持ちもころりと変わってしまって、「お母…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑い一日

今日も暑い一日だった。 男鹿駅伝が行われたので、同窓の友人と一緒に応援に行ってきた。 立命館宇治高校の女子駅伝、ついに12連覇を達成した。 母今日もデイサービスへ。 ほっとする。 この天気で在宅ならまた外で仕事を始めたに違いない。 庭の草取り、ありんこつぶしに花摘み。 人は、いっそのこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我がママ

あれほど言ったのに母、今日もお外で作業。 「ババア母も高齢になったら息子に従え」というあれほど有名なことわざをきつくしゃべり、「今日は暑いから外に出るなよ」と言ったのに、何度も出たらしい。 前回救急搬送されたときは、体温が39度を超えたというのにそんなことはまったく覚えていない。 玄関の戸に、”暑いから外に出てはいけません…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

母92才 今日も元気

母が今日九二回目の誕生日を迎えた。 自分の中では相変わらず八二,三才らしく、九二才を認めたがらない。 大きなケーキに蝋燭を九二本も立てるのは大変だから、それはよしにして小さなショートケーキを買っていった。 喜んでくれた。 でも例によって「お前今何してるんだ?」が始まり「ボランティア」と答えたが、また延々と「お前今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母との非哲学的対話

父が元気な頃は全国紙と地方紙をとっていた。 老いてくると全国紙の方は難しいと言って止めてしまった。 父が亡くなった後も母は地方紙を購読し続けている。 しかし様々な筋からの情報によると、それも読んではいないらしい。 そこで先日「ばばあお母様、新聞の購読を止めましょうか」と聞いてみた。 「そしてどうするのよ」と…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

母の通院

昨日は、母の通院日。 一緒に行ってきた。 腕を抱えてやらないとちゃんと歩けない。 直ぐに何かにつかまる。 トイレも近くなった。 さっき行ったのに直ぐまた行く。 そして何度も何度も言う。 「段々馬鹿になってきたね」と。 母91才。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母と歩けば

久し振りに母の通院の付き添いで一緒に出かけた。 主治医の診察が土曜日の頃はいつも付き添っていたのだが、火曜日に替わってからはずっとホームヘルパーに頼んでいた。 3月で仕事を辞めてから時間が出来てやっと今日出かけることになった。 病院に入って驚いた。なんと患者がかなり増えているのだ。 診察室に入る前、母から「余計なこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

背筋が凍る

背筋が寒々となった。 一昨日のこと。 いつものように母の所に行くと、「危なく転ぶところだったよ」と言う。 何をしたかと聞くと、 神棚の掃除をしたとのたまう。 ひやりとした。 神棚を掃除するには、椅子か踏み台に上がらねばならない。 それをやったのだ!!! 90才のババアハハが。 思わず…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今日も雪

仕事を休み 二つのボランティア活動の用務をこなし 義母の入院する病院へ 女房と合流 6時半過ぎまでいて 帰宅 途中で外食 重い雪 雨に変わったよう 明日はどうなっているだろう 眠い眠い
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

孫が一歳

今日孫が一歳の誕生日を迎えた。 女房が祝いに駆けつけたのだが、まだ着いたという連絡がない。 あれほど、いくら好きな物を買ってあげるからお出でと言われても、知らないおじさんに付いて行っちゃダメだよ、としつこく注意したのに、いそいそと一緒に行ってしまったのだろうか。あれほど東京は怖いところだからと言ったというのに。 姑と自…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都・奈良・小樽紀行 補遺

京都でも奈良でも小樽でも注意してみたけれど、秋田ほど交通マナーの悪いところはなかった。 だいたいどこでも信号が赤になってから交差点に突進する車なんてほとんど無かった。 秋田みたいに1,2台はおろか3台も4台も交差点に入るような光景はついぞ見かけなかった。 横断歩道の信号が青に変わっても、安心して歩を進めることができない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

疲れ切っている

女房は今日も義母の見舞いに行った。 駅から電車で20分。そこからタクシーで5分。 週に3回は通っている。 義母は、寝たきり、今は点滴で栄養を補給している。 女房は、病院に着くと、声をかけながら、まず義母の顔を拭き、口の中をぬぐい、髪をすき、シーツに抜け落ちた髪を拾う。そうして2時間ばかり付きそう。 毎日は、とても無理だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母と息子

久し振りにデイジーの所に行ってきた。 200mの距離、いわゆるスープの冷めない位置関係だ。 普段は家内がほぼ毎朝様子を見に行っているし、ヘルパーが午前と午後に来てくれる。 24時間警備保障会社によるガード。 万全の体制を敷いている。 今日は、ガス会社がメーターの交換に来るというので、その立ち会いのために向かったのだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

老女 婆菊

孫が一昨日来て、たった今帰った。 見送りには、老女婆菊が行った。 孫は可愛いお姫様で、かしずくのは家内の老女婆菊と側用人の私。 良く時代劇に出るのは、老女白菊なんかだけれど、我が家の場合はもう婆だから婆菊。 義母の見舞いのため、忙しい日程をやりくりして来てくれた。 昨日は入院中の義母を見舞った。 久し振りに会う彼…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

私のために 祈って下さい

先日、見舞いに行った病院の看護ステーションに掲げられていた。 作者は不詳とのことだった。 私のために 祈って下さい(全10章) 2 私に話しかけて下さい   私は、いつも返事ができるとはいかないかもしれませんが、あなたの声は聞こえ、言葉は理解できます。 3 私に親切にして下さい   毎日が、長い絶望的なたたか…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ため息ついて

ため息が出る。 買い物をしながらため息をつくと、店員に「幸せが逃げていきますよ」と言われた。 そうかも知れない。 今朝、デイジーから電話があった。 デ「今日、病院に行かなくてもいいのかい?」 私「日曜日だよ」 デ「そうかい。薬が無いよ」 私「後で見に行くから大丈夫だよ」 デ「そうかい」(がちゃん) デイジー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅介護の真実

すさまじい在宅介護の記録。 http://maruta.be/gomiyasiki 記事の過激な表現の裏に隠された著者の優しい心根が感じられるブログです。 在宅介護の推進で施設介護は後退(したように思う)。 介護でがんばっている方々に対する応援のメッセージでもあります。 http://www.chunich…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は休み

ネタ切れで今日は休み。 昼飯を一人で食えと言うからインスタントラーメンを二食作った。 全部食ったらさすがに腹が一杯。 記事のストックはあるが、アップするにはどうも気が進まない。 これからデイジー宅へ行く。 一週間分の薬をお薬カレンダーにセットしてくる。 デイジーのしわくちゃの顔を見てくるとするか。 還暦を迎えた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

犀よ、今夜もありがとう

先日の、母二人の続き。 母二人 http://gakkokamen.at.webry.info/200905/article_27.html 失恋レストラン http://gakkokamen.at.webry.info/200806/article_3.html 昨日の午前中、私は秋田市内で慣れない仕事をこなし、そそくさ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more