テーマ:

死にゆく人は

朝日新聞の8月7日付”リレーおぴにおん”に作家の青木新門さんが”死にゆく人は青空を見ている”というエッセーを書いている。 東日本大震災のあと、宮城県の被災者の前で、宮沢賢治の詩「眼にて云ふ」を朗読したことを書いている。 さて、その「眼にて云ふ」。 どうしても全編を読みたくなった。大急ぎで本屋に行って、新編宮沢賢治詩集(新潮…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

こどもたちよ

今年の3月退職した先輩が、送別会の席上、印象に残る挨拶をされたという。 私はその席に参加していなかったので聞けなかったのだが、ある時偶然お会いする機会があったので、出典は何ですかとお聞きした。 そうしたら、あれは加賀谷書店の袋に印刷されている詩だよとのこと。 やっぱりそうかと思った。 こどもたちよ 私がお前達に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に太陽を持て

心に太陽を持て。 あらしが ふこうと、 ふぶきが こようと、 天には黒くも、 地には争いが絶えなかろうと、 いつも、心に太陽を持て。 くちびるに歌を持て、 軽く、ほがらかに。 自分のつとめ、 自分のくらしに、 よしや苦労が絶えなかろうと、 いつも、くちびるに歌を持…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

心に太陽を持て

山本有三の訳詩 いつも心に太陽を持て 今いじめにあって苦しんでいる子、悩んでいる子等に読ませてあげたい。 小学生の頃、図書室で良く手にした本。 確か少国民文庫でなかっただろうか。 調べてみたら、今も出版されている。 秋田市立図書館、秋田県立図書館にある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more