テーマ:方言

じゃちゃけち

久しぶりに家でゆっくりした。 最近、ぼんやりしていて(いつものことだけど)ふと子どもの頃のことを思い出した。 県南部のある町で過ごしていた頃、近所の子どもたちと一緒に汽車ごっこで遊んだ。 じゃちゃけち じゃちゃけち ひょー これを標準版にすると シュシュポッポ シュシュポッポ ポー になる。 私は、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北弁のこと

一口に東北弁と言っても東北六県でそれぞれ異なる。 同じ県内でも隣県と接する地域ではその影響を受けることがあるし、山側とか海側の違いによっても微妙に異なっている。 テレビドラマの台詞を聞いていて、特に気になるのは「さ」の使い方だ。 ことばの端々に「さ」を加えればいいと思っているらしいがそれは違う。 「さ」は標準語の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京へ筑紫に坂東さ

朝日新聞の連載小説に「青銭大名」がある。 最近読み始めたばかりだがユーモラスな挿絵と相まって、ユニークな会話や古語なども出てきてなかなか面白い。 その第107回(秋田では昨日の日刊に掲載。) 俗に「京へ筑紫(つくし)に坂東(ばんどう)さ」などと言う。どこそこへ出かける、と言う際、京の者は何々へ、九州筑紫地方の者は何々に…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

んだばてしゃ

今から40年くらい前、県北の都市大館市に赴任した。 秋田犬やきりたんぽなどで有名な町だ。 そこで聞いた言葉。 一口に秋田弁と言っても県の北部、中央部、南部では大きく異なる。 特に北部は青森県や岩手県の影響が大きいように思う。 「んだばてしゃ」=そうではあるけれど ちょっと聞いただけでは外国語のような語…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツッペ

鼻さツッペかう(鼻さツッペする) かんでもかんでも鼻水が出てくる時 鼻さツッペする 先日、何十年ぶりかで聞いた 県内でも通用する地域とそうでない所があるらしい 私は子供の頃から県内のあちこちを渡り歩いたから 知っていた ツッペ=栓 鼻さツッペかうとは ティッシュなどで 鼻に栓を…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

マキリ

今朝の朝日新聞の広告を見てあっと思った。 久し振りに眼にした言葉”マキリ”。 足立千夏さんという方の著書のタイトルだ。講談社発行。ホラー恋愛小説だそうだ。 マキリ。 小学生の頃、良い言葉を使おうという運動があった。 東京弁が良い言葉で、秋田弁が良くない言葉だ。 ところが良い悪いの判断基準が曖昧なのだ。 問題にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼べる

秋田の方言かと思っていた。 でも今日の朝日新聞天声人語によると、燃やすために、物を火の中に入れることを言うとある。 へー 秋田弁でなかったんだ。 標準語だったんだ。 天声人語氏によると ある行為がすたれたために忘れられていく動詞がある。「くべる」もその一つだろう。と。 秋田では今もくべると言う。 と思って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オイラも電車で気がついた

今日はいい天気だった。 てっきり職場に置きっぱなしと思っていた愛車がなんと総合自転車業の車庫の中に鎮座していたのだ。思い込みというのは恐ろしい! というわけで、今日は久しぶりに駅と職場を自転車で往復することになった。 さて、電車通勤を始めて気がついたのだけれど、若い人たちの言葉づかいが確実に変わっている。 何が今までと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

我が母と「の」のはなし

今から数十年前母と父は山形県庄内地方のある温泉町に住んでいたことがある。 そこの人たちは話の終わりに「の」を付ける。 特に小さい女の子の「の」はかわいかった。 「学校サえっての、先生との」 母はすっかり気に入ってしまって 一人で「・・・・・の」「くすっ」と笑って また「・・・・・の」とやっていた。 2年前庄内地…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

秋田弁講座  ビールはまだか!

 東北のある大学の教授 アメリカのレストランでビールを注文した。 いくら待ってもビールがでてこない。 しびれを切らしてボーイを呼んだ。 ビールはまだか! ここに熊はいない!!! ?????? 教授は確かにbeerを頼んだのだが、相手にはbearと聞こえた。 いつかどこかで読んだ話。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more