テーマ:認知症

更に進む進む認知症

昨夜、「二週間」の記事を書いてからベッドに横になって、ハテと思った。既視感ではなくて既書感(こんな言葉があるか知らないが)に襲われた。何だか以前にも同じようなことを書いたような気がする。今朝起きて確認すると案の定「戦々恐々」で同じようなことを書いているのだ。これは大変だ。もう完全に認知症だ。早速、市役所に電話して、調査員に来てもらって等…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

進む進む認知症

毎日進む認知症が自覚できる。女房にも毎日言われるのだけれど、とにかくおかしい。 さっき聞いたことを覚えていない、捜し物をしていて、さて何が必要だったかとっさに思いつかない、顔は思い出すが名前が出てこない、昨夜酔っ払ってからみたテレビドラマの結末を覚えていない、女房の顔がきれいに見える、鏡に顔を写してみたら今まで見たこともないようなイケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

認知症の神

世の中には、貧乏神、死神がいるからきっと認知症の神もいるに違いない。 と言うのも、この頃どうもその神に憑かれたような気がするのだ。 物忘れ、ついさっきのことが思い出せない、これから何をするか思い浮かばない、読書の意欲が湧かない、ブログ更新を怠る。そんな時、うっすらと認知症神が現れてニヤリとする。 しかしながら、飲み食いの欲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

消えた路線バス

バスを待っていると、遠くに見えてきたので、あと少しで到着すると思った。 しかし、そのバスは、私が待っている停留所の直ぐそばの十字路の直前でふっと消えてしまった。 見えた時、交差点の信号が赤に変わったので、一度そこで停まるから、後もう少しの辛抱だなと考えた。いったん視線をこれからバスに乗って行く方向に変えた。 そして、そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more