テーマ:美術

堺 佐竹三六歌仙

10月18日。大阪空港から堺へ向かった。 まず、昼食。げこ亭へ。 学生時代のような好きな料理を選びご飯と味噌汁をつけて定食に仕立てるタイプ。白い御飯がうまかった。そしておかず類も御飯が進むようなものばかり。これから大阪に来る機会があったらここで昼食にしたい。いっそのこと夕食もここにして,泊まることにするか。 続…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

のどぐろ 叫び すき焼き 2

12月1日 東京の朝 早めにホテルを出て美術館が開館する前から並ぶつもりだった。 しかし、いつもののんびり癖が出て、東京都美術館に着いたのは、開館時刻から30分も経過した後の10時過ぎだった。 20分待ちとのことだったが意外に早く入場できた。 私はシニアだから1000円で入場できる。 シニアの入場券を館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京紀行

3月1日上京。 当初は、飛行機を利用する予定だったが、東京が荒れるとの予報で急遽秋田新幹線に変更した。 結局、杞憂であった。 上野に着くといい天気。 早速公園入口の休憩所でカレーライスを食べた。以前、ここで食べて次回からはここにしようと決めていた。 都立美術館に向かっていると、プラカードが目に入った。動物園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行

2月23日大阪空港に降り立つと、燦々と太陽が降り注いでいた。 モノレールにするか、バスにするかちょっと迷ったが後者に決めた。歩く距離とアップダウンが少ないのだ。 京都駅八条口に向かうバスに乗っていると、気持ちがどんどん晴れやかになっていく。 窓の外の明るい日ざしを眺めていると、秋田のどんよりした空が嘘のように思われ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ルノワール 我が母校

6月4日。この日は上洛の主たる目的を果たす日。 まずは腹ごしらえだ。 京都市美術館。 ルノワール展。 https://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/exhibition/2015fiscal_renoir.html あまり激しい筆遣いではないから、どこか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

横山大観 雪印パーラー

4月24日。早くも帰りの日になった。 小樽の叔母の所へ向かう。 高齢だが顔色も良く元気な姿に安心して、札幌へ戻る。 高速バスを道立近代美術館前で降りて、同美術館で開催中の横山大観展を鑑賞する。 たくさんの日本画を鑑賞するのは長野県信濃美術館東山魁夷館以来だ。 http://blog.honyom…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラファエル前派とフェルメール

メタボ健診で引っかかり、1月26日、大腸の内視鏡検査を行った。 結果は4個のポリープの存在がわかり直ちに切除。 以来アルコールを断っている。 そして、29日大人の休日倶楽部パスで上京した。 渋谷のBunkamuraでラファエル前派展を鑑賞。 大好きなミレイなどの作品を楽しんだ。 異様に長い手や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美術三昧と梅とうまい物

2月27日から3月2日まで、避寒旅行をしてきた。 27日、最初は、東京都美術館の「新印象派展」、続いて国立新美術館の「ルーヴル美術館展」、最後に熱海のMOA美術館の「燕子花と紅白梅 光琳アート展」だ。 新印象派の細かい点描の色が少し離れてみると見事に融合されて、鮮やかな”絵”になる。モネの絵でそのおもしろさを知っていたから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琳派 祇園 観光バス

22日、目覚めるとホテル中庭の池にぽつぽつと雫が上がっているが見える。 雨だった。 この日は、京の琳派の美をたずねてという観光バスに乗った。 最初は、建仁寺。 俵屋宗達の風神雷神図屏風の複製。 猛烈に本物を見たいと思った。 祇園の町並み。 いつも花見小路ばかりだからちょっと新鮮だった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

藤田嗣治 花輪ばやし ハタコン

昨日の朝、NHKのEテレで藤田嗣治の特集が放映された。 今、秋田県立美術館で開催中の「藤田嗣治渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ 1913-1931」 http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2014/0119/index.html 実は、藤田と秋田は深いつながりがある。 秋田の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

若冲・鐵五郎・風鈴

12日、昼食を終えて岩手県立美術館へ向かった。 萬鐵五郎と若冲を鑑賞するためだ。 バスに乗ると、面白い車内アナウンスがあった。 「バスのドアが開いてから席をお立ちください」というのである。 秋田は、「バスが止まってから席をお立ちください」という。 どちらにしても乗客の安全を配慮しての案内である。 所変われば、いろいろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の美術館

平野政吉美術館が今日で閉館した。9月からは新県立美術館に移る。 どうしてももう一度見ておきたかった。 たまたま入館してみると最後のギャラリートークが企画されていた。 今回のテーマは、秋田の行事。 もってこいだ。 学芸員の解説も熱がこもり聴衆にも伝わる。 いつものギャラリートークの二倍位の聴衆がいた。 この日がどんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月夜の田圃

先日、あるところで童謡の”蛙の笛”に出会った。 私は、童謡・唱歌のたぐいが好きで、この歌も大好きな曲の一つだ。 しばらく忘れていたのだけれど、全曲を聴きたいと思って、かつて購入していた「日本のうた こころの歌」に収録されているその歌を聴いてみた。歌詞の中に出てくる”銀の笛”なんて、本当にいい言葉だと思う。 その連想で、かつ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋の東京

11月23日から25日まで東京に滞在。 23日は上野駅到着が14時半過ぎ。 まず、東京都美術館に向かうことにして荷物をコインロッカーに預けた。 その直後、小雨が煙っていることに気がついた。 そこで雨に煩わされない新国立美術館に行く先を変更した。 途中、改装なった東京駅を見学する。 新国立美術館は、《リヒテ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

真珠の耳飾り 上州・信州二人旅

5日の夜行が無事に出発するかぎりぎりまで気がかりだった。 何しろ運休、遅延が常態化している羽越本線だ。 http://blog.honyomi.jp/201106/article_19.html http://blog.honyomi.jp/201106/article_23.html http://blog.honyo…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関東紀行3

3日目。 ニュースは朝から関東地方の大雪を報じていた。 2センチの大雪。 宇都宮の宿を出る頃には、もうみぞれに変わっていた。 東京へと向かう。 東京から東海道本線の快速に乗り熱海へ。 快速ではグリーン車の二階に乗った。 網棚がなく荷物の置き場がないからみんな座席に置いていた。 熱海に近づくにつれ、雨に変わりそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関東紀行

上野到着は一時過ぎ。 その足で東京国立博物館に向かった。 案の定、入館までほぼ一時間、清明上河図に至っては、3時間半もの待ち時間だ。 同行者とも協議の上、時間差攻撃をとることにした。 次に予定していたのが、旧岩崎邸。 ここで金唐革紙の栞を購入することにしていた。 途中、御朱印をいただきながら不忍池をぐるりと回っている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昨日の東京国立博物館

着いたのが11時半過ぎでこの状況、いったん撤退し3時半頃再挑戦。 今度は待ち時間なしで入場できました。 でも清明上河図はあまりの待ち時間の長さに諦めました。 しかし他にも見ごたえのある文物がたくさんありました。 鑑賞者の多いのには閉口しました。 少し精度の高い単眼鏡か双眼鏡の持参がおすすめです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法然と親鸞

展示の中では、絵図がその当時の風俗や人々の暮らしぶりがうかがえて面白かった。 かなり込んでいたので展示の順番に関わりなく空いているところから見てきた。 昼食(後日詳報)後、東京国立近代美術館へ。 なんとこれが儲けもの。がら空きの会場でゆっくり鑑賞できた。作品も素晴らしい。「ぬぐ絵画日本のヌード1880-1945」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴヤ展

やっぱりなかった。 40年ほど前、京都でゴヤを見た。 裸と着衣のマハがそろった。裸のマハのそばのカップルが、血管が浮いて見えると言うので近寄ってみるとなるほど確かに血管が見えた。 その時は、原寸に近い横長のポスターが買えた。それを期待して行ったのだがやはりなかった。 もっとも今はあの頃はなかったクリアファイルが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の休日

国立新美術館の企画展の鑑賞を終え三越で靴と弁当を買ってこまちに乗った。 これでささやかな私の休日が終わった。 明日はボランティアの会議がある。 歳だな。 寝台がきつかった。やはりこれからは従来どおりこまちで日帰りすることにしよう。 城ヶ島はやはり島であった。雨を見に行ったのだけれど、快晴のため見られな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は休日

JR東日本パスで上京。一万円は実にお徳用だ 上野の杜で展覧会を観てきた。 最初に国立西洋美術館のレンブラント。 いつものことながらここの美術館は人に優しくないなと思った。上がったり降りたりアップダウンが激しい。足腰が弱ったらもう来られなくなるかもしれない。 葉書を三枚購入した。 続いて国立東京博物館の写楽展へ。 二百点…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大人の休日倶楽部 今日は上京

昨日の函館日帰りに続き、今日も大人の休日倶楽部パスで出かけた。 秋田新幹線こまちに乗って今日は東京だ。 連日の長距離日帰り旅行は、結構大変だと思われそうだけれど、意外とそうでもない。 もちろんこれが仕事で、函館に続き東京の日帰り出張なんて命じられたら、「悪魔!人でなし!」なんて叫びそうだけれど、遊びとなると別だ。 しかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫も杓子もフェルメール

9時前に着いたのに、美術館の前は長蛇の列だ。 正月の初詣のようだ、と言う人も。 中に入ると10分待ちの表示。 駆け上がるように二階へ。フェルメールだけに絞る。結構こんでいたが、人だかりの少ない作品から順に見ていく。 フェルメールの展示作品をすべて見ることができた。出る時は、60分待ちの表示が出ていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食の国あきた ラフマニノフ

秋田駅前のイベント。 「食の国あきた」県民フェスティバル、千秋湖畔秋祭りが開催され、大勢の人でにぎわっていました。 千秋公園のお堀ではボートを漕ぐ人の姿も見られました。 昔は日常的な光景でしたが、ここ何十年と見ていません。 とても懐かしい光景…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ミレイ 鳩居堂 牛丼

今日は渋谷へ。 Bunkamuraのミレイ展へ。 その迫力に圧倒された。 肖像画や風景画、物語性のある作品も。 行ったり来たりしながら何度も何度も見てきた。 渋谷の駅舎を出ると傘を差している人たちが多い。 困ったなと思って外に出てみるとたいしたことがない。折り畳みの傘は持っているものの、傘を差さずに歩く。 昼飯は今…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

フェルメール コロー 弁松

あちこちで豪雨だというのに、午後1時過ぎ、上野駅の公園口から外に出ると、雨はあがり青空が広がって蒸し暑かった。 私は晴れ男。結構、天気には恵まれる。 今、ニュースを聞いているとあちこちで大変な豪雨の被害が出ているようだ。 被害に遭われた皆さんに心からお見舞いを申し上げる。 東京からの帰り、新幹線の電車の中から稲光のよ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

冬の雨

職場からの帰り、雨だった。 真冬の雨。 今日は、藤田嗣治が亡くなって40年。 秋田には、平野政吉美術館があって、藤田が描いた大壁画をはじめ様々な作品が展示されている。 http://hirabi.m78.com/ 今日の新聞で、マックの店長は管理監督者にあたらずとの判決があったことが報道されている。 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダ・ヴィンチ モネ モディリアーニ

上野の杜に着いたのは、24日10時過ぎだった。 国立東京博物館の構内に入ると10分待ちだった。 東洋館でトイレを使って本館に向かうと15分待ちに。 入館すると手荷物検査がある。 あらかじめロッカーに預けた方がいいと思って、そうした。 その後で金属探知器でチェック。 さて、入ると照明は極端に落とされていて、絵のとこ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

いよいよ明後日上京

今からわくわく、楽しみだ。 もちろん大人の休日倶楽部で行く。 まず、ダ・ヴィンチ展。 次にモネ展、 そしてモディリアーニ展。 ぐふっ 楽しみだ。 もし時間があったら、銀座の煉瓦亭へ。 あのでっかいカツレツをサッポロの赤星とともに・・・・・・ ぐふふふふふ 更にまだ時間があったら八重洲ブックセンター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more