テーマ:季節

女の秋

 小春日和のことをロシア語で「女の秋(又は、婆の夏)」と言うそうだ。 40歳前後の女性は、突然輝きを増して本当に美しくなる一瞬があるのだそうだ。  なるほど、秋の一日、小春日和。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

昨日今日

まったくうっとうしい日々が続く。 からりと晴れても二日と続かない。 少しは良い日があるのだけれど、連続しないから毎日が雨天のような気になってしまう。(写真は我が家の椎茸のほだ木。この天候のせいか生育が良い) 火曜日、友人からメール。彼もこの三月で退職した。それを知って大勢の友人知己からお誘いがあった由。それで四月は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春が来た

我が家の坪庭にも春が来た。 いつの間に咲いたのか。 秋田ではふきのとうをばっけと言う。 これを加工してばっけみそを作る。 ほろ苦い春の珍味だ。 朝はいつもの通り目覚め、昼寝をたっぷり、晩酌も少なからず嗜み、後は寝るだけ。 ウ~~~ムちょっと緊張感のない学生だなあ。 でも明日がある。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬の男

一瞬何が起こったのかわからなかった。 ただ、首が上下に動いたこと、「頭は打っていない」という意識がひらめいたこと。 痛みはその直後にやってきた。 朝の6時50分過ぎ、玄関の風除室から出て、転んだのだ。 女房が慌てて飛んできて、「大丈夫?」と言って手を貸してくれたが、起き上がることができない。 背中の肩胛骨の下の辺り…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

思わず苦笑い

明日から師走。 寒いけれどまだ例年ほどではない。 職場から出ると、天気が緩んでいる。 今日はこのまま35分歩いて駅まで行こうと思った。 幸い雪も雨も降っていない。 歩き始めて10分ほどすると急に霰が降ってきた。 それがやがて雨に変わりそのまま雨の中を25分歩いた。 傘は持っていない。 先日…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小春日和とババの夏

小春日和とババの夏。 思わず吹き出してしまった。 ロシアのうら若き女性。 小春日和のことを女の秋って言うんだよね、と例によっておべだぶり(知ったかぶり)のgakkokamenが言うとしばらく考えて、突然、はっと気が付いたように「ババの夏」と叫んだ。 おばあさんの夏。 おばあさんて人生の秋にさしかかった女性。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夜のとばり

まだ7時前だというのにとっぷりと日が暮れた。 朝の7時前は明るいけれど、それも時間の問題だろう。間もなく薄暗い中をとぼとぼと駅に向かうことになるはずだ。 我が国の政界も似たようなものだ。あと少しは明るい展望を持てるかと思ったけれど、どうも見果てぬ夢だったらしい。 それでもまだ希望を失ってはいない。 たとえこの身を仙人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大寒・JAL・佳人

大寒というのに今日は雨だ。 雨に降られるよりも雪の方が楽だ。 何故かって第一に、傘がいらない。びしょ濡れになることもない。ぬかるみに足を突っ込んで靴を汚す心配もない。 一番怖いのは雨後の冷え込みだ。翌朝、雨水が凍ってコチンコチンになる。 一年中で一番寒いはずの日だけれど、暖かい。それはそれでいいのだけれど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御先祖様のお出ましだ

通勤途上にお寺がある。 そこを通るといつになくなんか賑やかな感じがする。 人がいる訳じゃない。 そこの空気の密度が濃いのだ。 (写真と記事はまったく関係がありません) お盆の到来を待ちかねた御先祖様が降臨されたのではあるまいか。 日に日に賑やかになるような感じがして・・・・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初雪

昨日初雪が降った。 こちらは、今朝の山王。 寒かった。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小春日和とババの夏

思わず吹き出してしまった。 ロシアのうら若き女性。 小春日和のことを女の秋って言うんだよね、と例によっておべだぶり(知ったかぶり)のgakkokamenが言うとしばらく考えて、突然、はっと気が付いたように「ババの夏」と言った。 おばあさんの夏。 おばあさんて人生の秋にさしかかった女性。 40歳前後の女性が一瞬輝く時があ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏の名残

我が家の 朝顔 もう秋 地球温暖化の影響か 今日も暖かい日だった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度

旭川沿いの歩道で冬支度が始まった。 あっという間に秋は過ぎ去る。 間もなく冬将軍のお出ましだ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう夏ですね

こんな青空です。 午後5時半頃。 秋田市山王です。 なるほど車内が暑いはずです。 さすがに今日はクーラーがきいていたけれど。 もうすぐ土崎のお祭り。 我が家のお祭りあねちゃ(お姉さん)が帰ってくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知っていましたか

通勤時にいつも気になっていた。 これだ↓ 階段が見える。 昔、船着き場でもあったのだろうか。 近づいてみると・・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い衣替え

こんな寒い衣替えがあるだろうか。 今ストーブを焚いている。 日本列島は南北に長い。 暑いところもあれば寒いところもある。 全国一律で年中行事を決めてしまうのは如何なものか。 秋田の場合、6月1日で夏服に替えてしまうのは無理ではないか。 それぞれの地域に応じた衣替えの時期があってもいいのではないかな。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝の光景

左足の踵に後ろから何かがぶつかった。 思わず、「あだっ」と叫んだ。 自転車の女子高生が「すみません」とか言って脇をすり抜けていった。 自転車を人にぶつけておいて、それはないんじゃないかと思ったが、いつかも自転車でひいて、後ろを振り向きながら「大丈夫ですか」と言って駆け抜けていった男がいた。 人にぶつけたら一度自転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百花繚乱 2

ああ本当に爆発的な春の到来だ。 雪国の春。 花は咲き鳥は歌い女性は皆美しい。 春よ 永遠に。 桜の花びらです。 時よ止まれ 君は美しい ギョエテさん ????? ゲーテさんでした!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪だるま

愛らしい雪だるま。 思わずほほえんでしまった。 今日は冬の雨。 除雪車が出動。 この雨が雨のままなら雪が溶ける。 けれども深夜冷え込んだら、明日の朝は怖い。 雨が凍り、道路はつるつる。 転んだらアウト。 どうか冷え込まないように。 雪も降らないように。 明日はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もういくつ寝ると お年玉

子供の頃お年玉はいつも数えの年齢一歳につき10円でもらった。 数え年7歳なら10×7=70円 両親と祖母からもらった。 私が数え7歳頃の10円は今のどの位に当たるだろうか。 かなりの金額だったはずだ。 それは本当に楽しみだった。 今の子供たちに一歳10円はともかく100円では少ないだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枯れ木に花が

咲きました。 正確に言うと、落葉した広葉樹の枝に花が咲きました。 真っ白 美しい 雪の花です。 昼休みに 写真を撮ろうとしたら 既に散って(溶けて)いました。 雪国では、豪雪のためにいろいろ不自由なこことがあって辛いことの方が多いのですが、 いいこともあります。 真夜中に明かりがなくても歩ける雪明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の秋田市

日中は少し暖かいと思ったけれど夕方になって寒くなりました。 今日の秋田市内です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が降る

昨夜来の風雪は今朝まで続いた。 起きると家内が「雪が積もっているよ」と。 それなら完全武装だ。 マフラー、LLサイズののダウンのコート、ブーツ、手袋。 頭は毛糸の帽子、更にコートのフードをかぶる。 バッグは袈裟懸けにかける。 両手をフリーにして転んだ時に受け身ができるように。 道路は車が渋滞。 いつものバス停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の旭川

夜には霰が降るほどの天気でしたが、 朝はこんな具合でした。 なんか今年の紅葉はあまり綺麗ではありませんでした。 春先の新緑も鮮やかさにかけるような気がしました。 落ち葉もはらはら舞い、すっかり冬支度。 冬将軍を迎える準備が整いつつあります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田のうまい物 しょっつる

しょっつるの試食会があった。 しょっつるは塩魚汁と書く。 いわゆる魚醤だ。 これも秋田名物。 今日は、ほっけのつみれと刻みネギを具につみれ汁食べさせてくれた。 子供の頃母が買ってきたしょっつるは、蓋を取ると鼻が曲がるくらい臭かった。 これが秋田名物? と思ったものだが、あれは原液だったのだろう。 どんな匂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い恋人

寒かった!!! めちゃくちゃ寒かった。 帰りに見たらいつものたこ焼きのお店の提灯が寒風にゆらゆら揺れていた。 ああもう白い恋人の季節の到来か。 ちらほらと大空からやってくる白い恋人。 そういえば北海道の銘菓白い恋人の製造が今日から始まったそうだ。 良かった。 次は赤福か。 共通項がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小春日和とババの夏

思わず吹き出してしまった。 ロシアのうら若き女性。 小春日和のことを女の秋って言うんだよね、と例によっておべだぶり(知ったかぶり)のgakkokamenが言うとしばらく考えて、突然、はっと気が付いたように「ババの夏」と言った。 おばあさんの夏。 おばあさんて人生の秋にさしかかった女性。 40歳前後の女性が一瞬輝く時があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州信濃のそば

信州信濃のそばよりも わたしゃあなたのそばがよい ああ 一度でいいから言われてみたい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ冬ですね(改訂)

今日初めて据え付け型のストーブに点火した。 エアコンで忍んできたのだが、やはりそろそろ大型の石油ストーブの出番だ。 石油の販売店には定期的に回ってもらって、タンクが空いていたら充填してもらうことにした。 例年なら、夏の間、かき氷を売っている近所の店が、秋になるとたこ焼きや大判焼などに転換するのに、今年は閉めたままなのでもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子の使い道

ぱたぱたと風を送りながら ふう暑いと思った バスの窓から 日光がさんさんと降り注いでいる これを遮ればいい 扇子をかざしてみた これが大正解だった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more