テーマ:秋田弁講座

御御御汁とおつゆ

中学2年生の時、国語の先生が黒板に御御御汁と書いてこれをなんと読むかと問われた。 誰もわからなかった。 先生は、おみおつけと仮名を振られた。 最近そんなことを思い出して、一太郎で変換してみるとこうなった。 御味御汁。 さて、グーグルでは、いろいろな説、例えば御御御付けがあることを知った。 しかし、あの…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

東北弁のこと

一口に東北弁と言っても東北六県でそれぞれ異なる。 同じ県内でも隣県と接する地域ではその影響を受けることがあるし、山側とか海側の違いによっても微妙に異なっている。 テレビドラマの台詞を聞いていて、特に気になるのは「さ」の使い方だ。 ことばの端々に「さ」を加えればいいと思っているらしいがそれは違う。 「さ」は標準語の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワンコインと惰弱

思わず大声を出したい衝動に駆られた。 帰りのバスに乗るとほぼ満席だった。 乗客の多くは二人がけの座席に一人で座っている。 荷物を座席に置いて二人分占有しているかと思えば、通路側に座り窓側の席を空けている。 乗ってくる人はなかなか席を詰めてとは言いにくい。 乗客は私も含めて大抵シルバーだ。 自分がその状況で乗ることを考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

したら んめ やってみれ

父の言葉。 標準語訳にすると そしたら お前が やってみろ。 訳知り風の人がテレビに出てきてもっともらしいことを言うと 良く言っていた。 自分では出来もしないくせに批評ばかりは立派。 私もテレビに向かって したら んめ やってみれ! と怒鳴ってやりたい時がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京へ筑紫に坂東さ

朝日新聞の連載小説に「青銭大名」がある。 最近読み始めたばかりだがユーモラスな挿絵と相まって、ユニークな会話や古語なども出てきてなかなか面白い。 その第107回(秋田では昨日の日刊に掲載。) 俗に「京へ筑紫(つくし)に坂東(ばんどう)さ」などと言う。どこそこへ出かける、と言う際、京の者は何々へ、九州筑紫地方の者は何々に…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

しったけ愛して

バスに乗っていたら無線が突然作動した。 「市立病院のどご しったけ 込んでるしよ」 翻訳すると、 市立病院の所 ものすごく 込んでいますよ になる。 おそらく病院へ向かう車で周辺の道路が混雑しているのだろう。 市立病院は、バスの便が整い、通院にはかなり便利なはずだ。 にもかかわらず、一斉にマイカーで通院するから狭い道…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おじさんだば しどらいわぁ~~

父は面白い人だった。 時々、子供の頃覚えた言葉を話すのだが、意味不明のものがあった。 これがその代表格。 おじさんだば しどらいわぁ~~ おじさんだば=おじさんなら おじさんは とかいう意味だ。 しかし、その後に続く「しどらいわぁ~~」はまったく意味不明なのだ。 私は県内あちこち歩いたが、こんな言葉は聞いたことがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっちゃぐ

タクシードライバーとの会話。 「さがあってしな。かちゃぐしけおな。」 坂がありましてね。ここまでは翻訳できた。ここからが難しい。 かちゃぐは掻く、痒いところを掻くの掻くだと昨日は書きましたが、どちらかというと引っ掻くが適切です。yuriさんありがとう。 この場合のかっちゃぐは坂が滑って車が空転して登られなかったの意だ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

んだばてしゃ

今から40年くらい前、県北の都市大館市に赴任した。 秋田犬やきりたんぽなどで有名な町だ。 そこで聞いた言葉。 一口に秋田弁と言っても県の北部、中央部、南部では大きく異なる。 特に北部は青森県や岩手県の影響が大きいように思う。 「んだばてしゃ」=そうではあるけれど ちょっと聞いただけでは外国語のような語…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツッペ

鼻さツッペかう(鼻さツッペする) かんでもかんでも鼻水が出てくる時 鼻さツッペする 先日、何十年ぶりかで聞いた 県内でも通用する地域とそうでない所があるらしい 私は子供の頃から県内のあちこちを渡り歩いたから 知っていた ツッペ=栓 鼻さツッペかうとは ティッシュなどで 鼻に栓を…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

んだ 京都さ えぐべ!(現代日本語訳)

京都に行こうと思った。 (京都さ えぐべ ど思った。) 卒業してから30有余年。 (そづぎょうしてがら 30有余年。) 今年はほとんどの仲間たちが第一の職場を定年で去った。 (こどしは ほどんどのながまだぢ 第一の職場を定年で去った。) だからみんなで懐かしい京都に集まったら面白いだろうなと思った。 (…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

かえってかえって

いやあ 申しわげねし (いやあ 申し訳ありません) と言うと かえってかえって との返事。 かえって御迷惑をかけての あの「かえって」だ。 いえいえどういたしましてという意味だ。 かえってかえって なんかほのぼのとした感じだ。 鹿角の人たちの専売特許と思っていたら …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

麦秋

小津安二郎監督の名作の誉れ高い作品だ。しかしなかなか見る機会がなかった。 それがひょんなことからDVDを購入して見ることになった。 内容は、ある家族の平凡な日常生活を淡々と綴った映画だ。 少し婚期を逸した(と言ってもまだ28歳の)娘が、子供のいる男に嫁ぐまでの物語だ。どこにでもありそうな親子の葛藤、既婚と未婚の女性同士の淡いさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「なずき」を知っていますか

昨日、大学コンソーシアムで、脳を知り、脳を活かすー脳は老化しないーという講義があった。講師は東京大学大学院薬学系研究科准教授の池谷祐二先生。http://www.gaya.jp/ikegaya.htm 講義の最後にあっと驚くことがあった。 「脳」という字を示して、「これは、のうと読みますが、他にも読み方があります。何と読…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

めんこいわらし

秋田弁で可愛い子ども(童) 昨夜、腰掛けてぼんやりと水槽を眺めていると、ゆらゆらと揺れる糸くずが見えた。 あれっと思って、よくよく見ると、なんと小さな小さな魚だった。 体長は5,6ミリくらいか。 2匹見えた。 実は数週間前から水槽の中におかしなアブクが見えた。 水はまめに交換していて結構水質には注意していた。 水が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキビとトウモロコシとキビ

昨日、秋田市民市場で、嶽のキビを買ってきました。 今朝ゆでて食べましたがおいしかったです。 嶽のキビというのは青森県の特産。 あのトウモロコシのことを私はずっとトウキビと言ってきました。 だから秋田弁ではトウキビが標準だと思っていました。 ところが、多くの人たちがキビまたはキミというのです。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田のうまい物 ババベラ英語版

秋田駅で見かけた。 高校生が良く読んでいくという。 私はババ”ベ”ラと濁音だけれどこの店は濁らない、ババヘラ。 売り子が若い女性の場合はアネヘラと聞いた。 アネは若い女性の意味の秋田弁。 尊称を付けてアネはんとかアネちゃとも言う。 標準語のおねえさんに近いかな。 最近あまり聞かなくなった。 私…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日記 デイジー たろんぺなど

今日は一日休み。 午前通院、午後デイジーと歯医者へ。 デイジーはかなり緊張していて何度も電話ををよこす。 先日は、損壊したブリッジを歯科医で処分してきたことをすっかり忘れて、てっきり歯を飲み込んでしまったと思ったらしい。 大丈夫、ウンコと一緒に出てくるから、洗って使えばいい、と言ってやろうかと思ったが、これではやっぱり一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いものご汁と芋煮会

今日は今シーズン初めてのいものご汁を食べた。 昼、試食会があったのだ。 いものごは芋の子と書く。 秋田弁ではなまって、いものごとなる。 標準語で言えば、里芋のこと。 今日の試食会のいものごは有名な山内いものご。 山内というのは、今は横手市と合併したが、合併前の山内村のこと。 ここは土壌のせいか、とても柔らか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田弁講座 しね

死ねではない。 しね。 「このニグ(肉)しねな。」などと使う。 しかしこの言葉、標準語に適当な言葉が見あたらない。 堅いでもない、固いでもない。 今日の朝日新聞の県内版に極めて適切な標準語訳(?)が掲載されていた。 32ページの「かだろ④柳葉敏郎」 「しね」(弾力性に富み、なかなか形が崩れない状態をさす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええふりこぎ

ここ一ヶ月ばかりの間に何回か送別会がある。 今わかっているだけで、会費がおよそ4万円。 一ヶ月で4万円。 ちょっと異常ではないか。 もちろん、お世話になった先輩方とともに楽しい一時を過ごすことに異存はない。 こちらから押し掛けてでもやってあげたい方々だ。 だけど、一万円近い会費となると、なんで?とついつい思ってしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あたりめとはやす

タクシーに乗ると、ドライバーが 「この頃のわげひとだぢ、あだりめって言ってもわがらねのだし」 (この頃の若い人達、あたりめと言ってもわからないのです)と言う。 あたりめとは、するめのこと。 私たちが若い頃は、赤提灯の定番だった。 するめを何故あたりめというか、 するは「擦る」 競馬で擦るとか あまりよろしい言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田弁講座 とぎ

骨 アトリオンの地下でこのような物を売っていました とぎなしとは骨無しということ まだ食べていないが骨を抜いているのだろう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田弁講座 まげる

アクセントによって2義ある。 1 「げ」にアクセント   ほうる。 捨てる。こぼす。   用例 「おじげっこ まげる」 おつゆをこぼす       「しょべ まげる」放尿する(しょべ=小便) 2 平板に   安くする。   用例「そのガッコ まげでけれ」 その漬け物 安くしてくれ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more