テーマ:我が母

我が母と歌舞伎

母と歌舞伎に行ってきた。 歌舞伎が大好きといつも言っている。 早退して母のところに行くと彼女はせっせと庭の草取りに励んでいた。 昨日ゴミ出しに行くと「歌舞伎楽しみだ」と言っていた。 今日はケロリと忘れて、明日だったじゃないかと曰う。 まあいいから早く行こうと戸締まりをして行こうとすると着ている物がどうもおかしい。 そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

我が母とやまとなでしこ

昨日、母宅のシロアリ退治をやった。 数週間前、わっと羽アリが出たのを家内が確認。 私にも見て来いという。 行ってみて、しっかりと記憶してきてインターネットで確認。 おおまさしくシロアリだ。 我が家の大工に頼んで専門の業者に調査してもらうと確かに被害が出ている。 早速駆除を頼んだ。 そして施工が昨日。 家内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽やかな日々

昨日も今日も爽やかだ。 風はほとんど無く、お日さまはぽかぽか。 少し暑いが”暑い!”というほどでもない。 秋田市は全国の県庁所在地の中で一番晴れの日が多いという年もあるそうだ。 もちろん冬場を除いて。 やっぱりな、と思う。 暑くもなく寒くもない日がしばらく続く。春も秋も。 昨日は、クリニック2軒をはしご、やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主夫の生活

今日はしっかりと主夫をやった。 まず、歯医者へ。 インプラントの経過チェックと歯石の除去。 インプラントは異常なしとのこと。 本当に良い。 左下もやろうかな。 サッカーくじの6億当選を待つかな。 母宅へ。 母はストーブの側で寝ていた。 特別どこが悪いというわけでもなさそうだ。 元気がないので、寿司屋に行って寿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はこんな日

休日のセオリー通り、今日はゆっくり寝ていた。 昼過ぎ、自宅を出てトンカツを食べたくて食堂に入った。 カウンターに案内されて、待っていると左の女性、右の男性がそれぞれたばこを吸い始めた。 煙が漂ってきて、鼻に入る。 嫌だなあと思う。 考えてみれば、自分も5年前までは一日35,6本のヘビースモーカーだった。 どれだけたばこを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母の米寿

今日は母の米寿の祝い。 東京から妹一家もやってきて、後足りないのは、我が娘だけ。 米寿の祝いをやるというと 母曰く、「私、まだそんな歳じゃないよ」 私「じゃ、なんぼなった?」 母「84,5歳じゃないの」 私「・・・・・・・・・・(サバ読んで。アンタは間違いなく、満で87歳なの)」 と内心思ったが、どうも本当にそんな歳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花は桜

夜桜を見物に行ってきた。 午後6時頃だから、夜桜と言うよりは宵桜と言った方がよいか。 母と女房と3人。 美しかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母の孫

息子が母の所へ行って来るという。 歩いて2,3分。 良く行く。 87歳対24歳。 いったいどんな話をしてくるのだろうか。 父がまだ元気な頃、やっぱり「爺さんの所へ行ってくる」と言って、時々遊びに行っていた。 何を話してくるのか興味津々。 しかし、決してどんな話をしてきたか教えない。 両親に聞いても、「いい子だよ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は誕生日

自分へのプレゼントは、ワイン。 税込み1050円のワインだけど、最近これにはまっている。 女房はケーキを買ってきた。 ワインとたこ焼き、変な組み合わせだけど、結構これが気に入っている。 さて、それでは誕生祝いの始まり始まり。 年齢計算は、生まれた日を初日にして計算する。 そして暦に従って計算して、翌年の応答日(誕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母の心遣い

母は時々ビールをくれる。 大抵は、ゴミ袋を回収に行く時、くれる。 週一回のゴミ収集でも息子の行為(注:好意ではない)に謝意を表するということらしい。 私はサッポロが好きだけれど、母にはそんなことはわからない。 いつだったか、ビールと言って発泡酒をくれたことがあったけれど、まあ私だって、最近の発泡酒や第3のビールは種類が多…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母とばばちゃの豆まき

豆まきは2月3日。 女房が驚いたように言っていた。 「おばあちゃん、豆まきしたらしいよ。から付のピーナッツが2階の畳の上に落ちていたもの」と。 一人で、豆まきをやったらしい。 87歳の婆さんが、一人で「福はうち、鬼は外」と声を上げて豆をまく。 想像してみると、なんかおかしくて、ほほえましい。でもちょっと哀しい。 来年は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朋有り

先日何年ぶりかで首都圏で暮らす親友と電話で話をした。 高校以来のつき合いで、今の住まいも、学生時代の下宿も、秋田の実家も何度か遊びに行ったことがある。 昨年は年賀を欠礼したので、しばらくぶりに電話をしてみたのだ。 一言二言話すうちに、すぐに時間の間隙は埋まった。 近況を話し合った。 彼の御両親が亡くなられたとのこと、そのた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母と孫

息子がバアさんチへ行って来ると言ってふらりと出かけた。 彼の足なら3分もかからない。 母と彼は仲良し。 母は、初孫の娘の方を誰はばかること無く、「(孫娘が)かわいい、かわいい」と言っているから、息子は少しは嫉妬して気を悪くするかと思うと、そんなことはちっとも意に介さない。 そして、ひょうひょうと一人暮らしの母のところ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

去年から今年に掛けて その2

数年前から大晦日と元日は、旅館で過ごしてきたが、今回はホテルにした。 義母と母と家内と私の四人。 息子は、一人で家にいて気ままに過ごした方がいいといって、加わらない。 お金がかかることはかかるのだけれど、おせち料理の支度など、あれこれ面倒なことを考えれば、実質的には外泊する方が得かも知れないのだ。 (写真は夕食の一品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズン初めての

季節料理。 我が家の得意料理。 サバ鍋だ。 我が母から女房が伝授された。 サバの水煮缶を使う、味噌仕立ての鍋物。 昆布を敷いて出汁を取り、白菜、キノコ、豆腐、等々あり合わせのものを放り込み、煮立ったらサバ缶を開けて、中身をがばっと鍋に放り込む。 それでできあがり。 体が温まります。 今年もそんなシーズンになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母と冬支度

昨日も出かけてきた。 真っ青な青空が広がって、少し寒いけれど例年の今頃に比べたら、ずっと暖かい。 まず、花屋へ行って、先日母の亡くなった知人の遺族に贈った花の代金を支払った。 この店から母宅に鉢花を大分買った。だからもう花はいらないと言う。 確かに丁寧に手入れをしているから、今まで買った花も生き生きしている。 今年の夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の妖気(?)に誘われて

おかしいよな この陽気、妖気じゃあるまいか。 だいたい文化の日、種苗交換会の日なんかよくみぞれや冷雨が降っていたものだった。 女房に誘われて千秋公園に行って来た。 デイジーもたまには外に出たらいいかと思って、3人で行ってきた。 素晴らしい紅葉。 今まで気が付かなかったけど公園のあちこちに手すりが付いてい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空港にて

新千歳空港にて。 列車が空港の地下駅に到着すると、吐き出された乗客は次から次へと、エスカレーターに乗って搭乗カウンターへと急ぐ。 しかし、そのエスカレーターを見ていて何か違和感を覚えた。 それはすぐにわかった。 エスカレーターの右側がずうっと空いているのだ。 左側には人がずらりと連なって立っている。 おかしいなと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きなもの

鯨のベーコン ベーコンというのは鯨肉だと思っていた。 魚肉ソーセージ ソーセージとは魚肉だと思っていた。 ウインナーなんてずっと後の話。 大根おろし 何にもなくても大根おろしに醤油をかけて、ご飯を食べられる。 辛いほど好き。    鯖の煮付け 醤油でも味噌でも好き。 実はこのほかもう一品あったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母のおみやげ

我が母、どうにも気になるらしい。 北海道のおみやげを隣近所に配らなければならない。 新千歳空港で、私は隣近所に挨拶してきたわけでもないから、おみやげなんかいらないよ、と何度も言ったのだけれど、言うことをきかない。 それじゃということで、白い恋人を4パック買った。 一個は自宅用、他の三個は、お向かいと筋向かいとお隣だ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道紀行

千歳は雨だった。 新千歳空港着、従兄弟が空港まで車で迎えに来てくれる。 千歳や札幌では大したことがなかったが、小樽に近づくほど雨が激しくなる。 叔父や叔母従兄弟達が待っている夕食会場に到着。 寿司やウニ丼、刺身、揚げ物など盛りだくさんの料理、どれもうまかった。 写真は八角という魚。 焼きたての熱々…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いざ出発!

昨年亡くなった叔母の一周忌の法要に出席するため、母と共に小樽へ行く。 母は張り切ってしまって、数日前から、あれやこれや心配していた。 今朝も2回、「私何かすることあるんだか」と℡。 女房が、「ぜーんぶできてるから心配いらないよ~」と答えていた。 昨日女房の勤めが休みだったので、彼女がきっちり支度をしてくれた。 今朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母とお医者様

心配性の母はしょっちゅうあちこちの不調を訴える。 今回は、胃の不具合だった。 そのため、先週胃カメラ他の検査を受けた。 今日、その結果を消化器外来に聞きに行ってきた。 異常なしとのこと。 同じ病院のデイジーのドクターにしばらく会っていなかったので、お話を伺いたいと思った。 以前は私が通院に付き添って行ったのだが、今は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母とストーブ

もうほとほと根負けした。 母の所へ行くと、「そろそろストーブはずしてよね」と言われる。 実は一昨年からずっと据え付けたままなのだ。 ストーブのタイプは据置型だから簡単には移動できない。 煙突もはずさなければならない。 だから、夏の間もそのままにしておこうと思った。 それが気にくわない。 ずっと聞かないふ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母とコレクション

母の家に行くとなにやら見慣れない物が置いてある。 よく見ると、昔(今も?)良く市場や八百屋の親父さんが締めていたような濃紺の前垂れ(エプロン)だ。 保存状態も良くて真新しく見える。もちろん丼(注)も付いている。 どうしたの?と聞くと、小樽のあるお店の物だという。何かの記念にでも配ったものだろうか。それを嫁入り道具の一つに持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ははのはなし

母の話? 母の歯無し? 母の歯が抜けた。 一度に3本も。 80歳で20本どころか、ほとんどが残っていた。 それがこのところぽろりと抜けるらしい。 今までいい歯だったから 歯医者での治療の経験があまり無い。 だから不安らしい。 でも、歯医者にまじめに通っている。 日にちを間違いそうになりながら。 私の歯も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母の腕立て伏せ

母が腕立て伏せをやっているらしい。 先日東京から遊びに来た妹が、 夜、突然母が腕立てを始めてびっくりしたと言ってきた。 こちらは近くにいるものの、24時間母の様子を観察しているわけではないから、 夜なにをしているかはわからない。 妹の報告によると それはしっかりした腕立て伏せだったという。 デイサービスでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母とダルマ祭

午後6時前、携帯の発信者を見て一瞬緊張が走った。 母に何かあったか? ヘルパーのチーフからだった。 今日夕方のヘルパーが伺ったら、お母さんが玄関に出てきて、ダルマ祭に行くと言っているんです。 今日は混むと思うので、一人では危ないと思うんですけどね。 そうですね。できればヘルパーさんに付いていっていただけませんか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が母とホームヘルパー

母はヘルパーと仲良しだ 何でもおしゃべりしている いつか庭仕事をしながら聞くともなしに聞いていたら しゃべるはしゃべるは 我が家のことを子細にしゃべっている ヘルパーは我が家のことなら大概のことを知っているのではあるまいか おしゃべりする相手は毎回変わるから 同じことを何度言っても構わない だいたい本人は同じこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が母と娘

我が母の娘が里帰り つまり私の妹 昨日は私たち夫婦と妹の3人で墓参 妹が母宅へ行くと不在 やがて帰ってきた スーパーへ行って大量の食料を買ってきた そして魚はちゃんと一人でおろしたという 自分ではまともな料理は作れなくなっている (まだ作れると思っている) 人が来るといつもこうだ 作れなくても人をもて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more