テーマ:政治

今日は何の日

若い頃は朝から何の日かわかったものだった。 それがいつの頃からか、ただの休みの日になってしまった。 憲法記念日と言えば、県や市町村が式典を催し、憲法講演会などが開かれたものだった。憲法を尊重し守っていこうという雰囲気がどこかで感じられた。今はどうか、憲法の”け”の字も聞こえない。 スクランブル発進が何回あったのと、今に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みんな

長いものに巻かれるのはなんとも心地よいことだ 実態の良くわからない”みんな”がこう言っているから ”みんな”と同じならとりあえず大丈夫かなと そうすればストレスがないから 楽だよな いつか 間違いに気が付いた時は、もう遅いかも知れない その時もやはり、あの時のようにみんなが悪いと言うのかな
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どうしたことか

先日の食堂での出来事。 女子店員「お客様 注文の方大丈夫ですか」 えっと、注文の方って、ただ注文でいいんじゃないか? 何に一番びっくりしたかというと、 「大丈夫ですか」 最近は、どこもかしこも「大丈夫」ばやりで、もうあまり驚かなくなったけれど、今回ばかりは驚いた。 ホテルの営業マンとの打ち合わせ。 私をつれてその部…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日は何の日

今日5月3日は何の日だろうか。 休めるから何でもいいやと思っているのかも知れない。 私が20代の頃は、地方公共団体の主催で何らかのイベントが開かれたものだった。 一番多かったのは憲法講演会ではなかったか。 年に一日くらい日本国憲法を学ぶ日があってもいいと思った。 今はどうだろう。 どこかで憲法関連のイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

法解釈 地下水脈

かつて高名な民法学者の講義を拝聴したことがある。 先生がおっしゃるには、 「法律の解釈というのは、誰にでもできるんです」と、 「ただ(その解釈が)どれだけ多くの人の支持を得られるか」 「そこが肝腎なところなんです」と。 さて、集団的自衛権が合憲という解釈はどれだけの支持が得られているか。 学者や法曹だ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

安保法制

多くの国民の反対を押し切って、安保法制が遂に成立してしまった。 自由民主党や公明党の全ての党員、支持者はこの法制に賛成なのだろうか。 各種の世論調査では、多くの国民の反対の意思が明らかだ。 にもかかわらず、強引に成立させてしまった。 関係することを少しばかり書いておく。 1 一国平和主義について  世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の訪れ

暑かった夏が過ぎ去りもう秋だ。 昨年までは9月に入ってからも残暑が厳しかったが今年は随分涼しい。 今から40年ほど前の学生時分には、秋田では旧盆が過ぎるともう秋風が吹き冬の支度に取りかかったものだが、その頃の京都はまだまだ暑く、半袖で暮らすことができ、秋田との違いを肌で感じたものだった。 それが秋田でもだんだん暑くなり、最近で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

解釈改憲

それにしても何という体たらくだろうか。 この国の有り様を決める憲法が、たった一つの政権の閣議決定で実質的に改定されるとは。 解釈改憲とはよくも言ったものだ。 これなら9条ばかりかあらゆる条文の改憲ができることになる。 自民党政権は何十年も続き改憲するつもりならその機会はいくらでもあった。 それができなかったのはひとえに国民…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秘密法でどう変わる?

講演会が開かれます。 「秘密法でどう変わる? わたしたちの暮らし」 講師 荘司 昊さん(秋田弁護士会) 日時 1月12日(日)10:00ー12:00 会場 なかいち 4F 研修室5 会費 100円 定員 20名 詳しくは↓ http://hanhimitsu.ky-3.net/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ赤なお目々

日曜日の夜帰宅すると家人に眼が赤いと指摘された。 なるほど左目が充血して赤くなっている。 本人の自覚症状は全くないのだけれど、年に一度の眼科検診もそろそろだからついでに見てもらおうと思った。 まあ、哲学なんて慣れないことをやったから、脳が耐えられなくなってその血管の一部が破裂したのではないかと思った。 昨日、診てもらうと原因…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新聞の立ち位置

新聞というのは、自民党と公明党の機関紙を除けば例の法律に反対だろうと思っていたが、違っていた。 反対派は 秋田魁新報。 12月7日付け。 秘密保護法 成立 トップ記事だ。 社説は、秘密保護法成立 ”暴走”にブレーキ必要とある。 朝日新聞。 12月8日付け。 秘密保護法が成立 こちらも白抜きトップ記事だ。 社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世のこと

もう新聞やテレビを見るのが嫌になってしまった。 この政権の体たらくはどうしたものだろう。 野党や多くのメディアの反対、慎重な審議を求める声をよそにその法律を堂々と仕上げてしまった。 多くの識者が指摘する法案の欠陥はそのままだ。 道徳の教科化ではいったい何を狙うのだろうか。 昔の修身の復活かも知れない。 私…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

寒くなります

特定秘密保護法案が国会を通りそうな勢い。 40年前なら国のあちこちでデモやストが行われたはず。 行け行けどんどんの安倍内閣。 やがて集団的自衛権とやらも容認され、いわゆるふつーの国になっていく。 戦争の放棄を定めた誇りたい憲法が改正される、その改正憲法に地雷が埋め込まれる心配はないのだろうか。つまり容易に解釈改憲…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なし崩し

ぞろ原発が再開されそうだ。 十分な議論は取り交わされたのだろうか。 原発はいつまで運転し、いつ頃廃止するのかしないのか。 将来の原発政策はどうするのか、国民的な合意は得られたのだろうか。 政権が変わったとは言え、当時の政権が2030年代に原発稼働をゼロにすると約束したのに、今度は手のひらを返したように原発推進に突き進んで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

倍返し

民主党の憲法総合調査会長が憲法9条の”改正”案をまとめたそうだ。 自民党に続き民主党も。 護憲勢力としては倍返しされた気分? 世の中 普通の国へまっしぐら。 自民党と民主党が手を組めば”改正”も難しくない時代に入るか。 おお怖っ!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高校授業料一部有料化

自民党政権は民主党が無料化した高校授業料に所得制限を導入するという。 無料化で助かった人たちは大勢いたはずだ。 所得制限導入後も、「世帯年収700万円以下に絞っても高校生の5割をカバーできる」(朝日新聞12月27日)そうだけれど、”それでも”と考えるのか、”それしか”と考えるのか。 授業料の無料化は、実は究極の…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ああそれにしても”オセロ”

今日の朝日新聞の見出しだ。 それにしても”政権オセロ”とは秀逸だ。 我が国には小選挙区制はなじまないのかも知れない。 かつてのような中選挙区制が実はあっているのかも知れない。 劇的な政権交代はないけれど、死票が少なく有権者もそこそこ満足できる。 朝日新聞の同じページに浜矩子同志社大学大学院教授の談話が掲載されている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーライ オーライ

オーライ オーライ オールライト スロー スロー クイック クイック クイック クイック ライト ライト ザッ ザッ ザッ ザッ ザッ みぎっ みぎっ みぎっ  みぎっ みぎっ みぎっ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな夜更け

明日は総選挙というのに 何という静寂 いえ、 私の心の中の話。 なんのときめきもなければ、希望もない。 明日、吹く風はもう決まったらしい。 そうだ 私は仙人だった。 下界のことなどもう関心はない はずだったが。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

期日前投票

秋田駅のポポロードで期日前投票が行われている。 新聞社や通信社の腕章を付けた人がいるので、「出口調査ですか」と聞くとそうだとのことだ。 もうこの時点から出口調査を行っていれば他の調査や統計的な手法を用いた推計などでかなり高い確率で当選者の予測ができるのだろう。 だからメディアは、何日おきかでどの党の当選者は何人になるか予測…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わけがわからん解散

このたびの解散をこう名付ける。 民主党が政権奪取時のような議席を得られないことは、おそらく明々白々だろうけれど、かと言って自民党が大躍進するとも思えない。 すると、あの御老体が立ち上げた自主憲法制定や防衛力の倍増を目指す政党、テレビで一躍人気者になってあれよあれよという間に豪腕の”政治家”になってしまった御仁が立ち上げた地域…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さてマニフェスト

えっと 高校授業料の無料化は確か実現したはず。 あの時に反対した政党は、 今度は 高校授業料有料化とか所得による一部有料化のマニフェストを掲げるのだろうか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

選挙が近いのか

最近、候補者らしい人たちのポスターが増えてきた。 わたしゃ仙人だから、浮き世のことにはまったくというかほとんどというかさっぱりというか関心がないのだけれど、一部の団体の動向は注視している。 この団体が今度の総選挙では大躍進するらしいという記事が週刊誌などを賑わしている。 わたしゃちっとも心配していない。 だい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ隣国

韓国の大統領と野田総理が会談。 大統領は元日本軍従軍慰安婦問題について「両国の障害になっている慰安婦問題を優先的に解決する真の勇気を持たなければならない」と述べ、(中略)首相は「法的に解決済みだ」と日本政府の立場を伝えた(朝日新聞12月19日)そうだ。 かつて我が国では、「法的には解決済み」という前提の下に、新たなシステム(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運の良い政党

自民党とは本当に運の良い政党だと思う。 ガットウルグアイラウンドの時も 今回のTPPでも 政権政党ではない。 政権基盤をおくといわれる農村部からの非難の矢面に立つ必要は無く、政府と時の政権政党を批判していればいい。 つまりいい顔をしていれば済むのだ。 これを運の良い政党と言わずして何といおうか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それにしても

菅さんは何故不人気だったのだろう。 何か失敗したっけ? 消費税の発言? 大震災の初動に問題? 辞めねばならないほどの問題があったっけ? 今の政権と何が違うんだろう。 今度の総理大臣は増税論者ではないのか。 菅さんは原発事故の時いち早く現場へ向かったのではないのか。 つくられた不人気? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日はお施餓鬼

明日、再び家内の寺へ行き墓参り。 初盆を迎える檀家が供養するものだそうだ。 宗派によって色々違いがあるようだ。 家内の寺は、かなり不便な場所にある。 ディーゼル列車とバスで乗り継ぎ。このバスの便がすこぶる悪い。下手をするとタクシーで行かなければならない。かつては漁業、特にハタハタの漁獲で大いに賑わった町だが今は日中でも人…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トロイの木馬

民主党の内輪もめを見聞するうちにふとトロイの木馬の故事を思い出してしまった。 党内には木馬に潜んだ敵がいる。 なんともはや。 今度は自民党との大連立だそうだ。 これだけの大勢力を保持しながら野党にすり寄る。 何をやってんだか。 まあせいぜいがんばってくれ。 いっそのこと谷垣総理、小沢副総理、鳩山外務・防衛大臣、輿石…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マスコミにお願い!

大至急 アンケート調査を実施して欲しい。 次期首相には誰がふさわしいのか。 全国会議員に聞いて欲しい。 それと衆議院議員の任期は何年がいいのか。 私は、衆議院議員の数を今の半分に減らして、全国を4ブロックに分け、1ブロックごとに選挙を行い任期は一年にするのがいいと思う。 総理大臣の事実上の任期にもほぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more