テーマ:社会

愚かなるもの

驚いたのなんの。 国会で他人のボタンを押して、その人の代わりに勝手に意思表示をしたのだそうだ。 冗談じゃないよ。 そんなことができないように、きちんと対策が講じられられるべきではなかったのか。 人は愚かなことをするものだ。 それが人の本性とも言える。 だから二重三重の安全装置が施されるべきなのだ。 若林元農林水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保険庁廃止

平成21年12月29日付の朝日新聞26面によると社保庁廃止就職未定112人の見出し。 年金記録問題などで揺れ続けた社会保険庁が28日、47年余りの業務を終え、525人の職員が民間で解雇に当たる「分限免職」となることになった。(中略) 懲戒処分者は昨年7月の閣議決定で機構への採用が禁じられ、48人がまだ再就職先が見つからない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケンタと太陽

ケンタとはケンタッキーフライドチキン、太陽とは沈まぬ太陽。 久しぶりに大好きなケンタを食べた。 かつては広小路や駅前でフツウに食べることができたのに・・・・・・ 今日は御所野のジャスコまで。 そこまで行ってきた。 もっと時間がかかると思っていたのに、バスで20分程度、意外と近かった。 本当の目的は映画「沈…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クール・ビズって何だ?

ネクタイを外して、でも上着は着て、これでクール・ビズって言えるんだろうか。 昔流に言えば、ノーネクタイ。 上着を着ていては、涼しくなるはずがない。 ノーネクタイを言い換えただけ? そう言えば、昔流に言えば「合理化でクビ」になっても、今は「リストラです」って言うのとどこか似ているかな。 単なる言葉の言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は蝶

昨日、黒いトンボを見たら今日は黒い蝶だった。 明日は? 黒い雨? まさかね。 降らないように、 降らせないように、 みんなが祈りを捧げているのに、 心ない言葉を吐き捨てる人がいる。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やったね 小泉さん

約束通りになりそうですね 自民党をぶっ壊すって約束 少し遅かったけど でもね あんまりマスコミが民主党躍進躍進と騒ぐと 反動バネが働いて 大して差が出なくなったりして・・・・・ 蓋を開けてみなくてはわからない 選挙は水ものだから
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電車の中で

その車両に入って少したつと何かのにおいが鼻をついた。 ふっと向かいの席をみると中年の男性が一心不乱に駅弁を食べている。 ああこのにおいだったか。 特に空腹の時はうまいんだよな。 最近は電車の機密性がよくなったから、少しのにおいも鼻につく。 車両はお見合いスタイル。 かつては二人と二人が向かい合ったシート、いわゆる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

悲しき木っ端公務員

木っ端公務員とは木っ端役人と国家公務員をかけた、私の叔父の言葉。 私の父も国家公務員だった。私は痴呆公務員、あっいや、この3月まで地方公務員だった。 今日、人事院は国家公務員の給料(俸給という)を0.22%、、ボーナスを0.35月分下げるように政府に勧告した。 人事院も人事院バッシングを受けて、その存在証明を打ち出した…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

電車に乗って

4月から電車の乗車40数分の通勤を始めた。 初めての電車通勤、様々な人間模様が見える。 中でも今日見た光景は驚愕の出来事だった。 いつもの駅に行くと切符の自動販売機の前に二人の高校生がいて、一人がもう一人になにやら教えている。 「そこにお金を入れて、こっちのボタンを押す」とか。 なんと、一人は自動販売機の利用の仕方がわ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

押尾学・ノリピー・大原麗子さん

押尾学なんて知らない。 ノリピーも名前は知っているけれど、他のタレントと区別はつかない。 大原麗子さん 私より少し年上、 お姉さんみたいで好きだったなあ。 長い髪、夢見るような瞳、低音の落ち着いた声。 私の記憶では、NHKのドラマ「バス通り裏」にも出演していたように思うけれど勘違いかな。 合掌。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

麻薬

いっそのこと覚醒剤とか合成麻薬なんて止めて、わかりやすく”魔薬”に統一した方がいいのではないか。 悪魔の薬、”魔薬”にする。 以前は、麻薬、麻薬Gメン、麻薬捜査官とか”麻薬”で統一されていたように思うけれど、”魔薬”Gメン、”魔薬”捜査官にしたらどうだろうか。 それの方が何かおどろおどろしくて、決して近づいてはならない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

先週、今週そして来週

先週は、再就職後初の県外出張だった。 重い資料を両手で持ち、着替えは買ったばかりのデイパックに詰め込む。デイパックは出張の直前に購入。これは正解だった。両手は腕がもげるくらい重い資料を持ってふさがり、これ以上の荷物を抱え込むのは絶対に無理。背中に背負い込むほかなかった。子供の頃見かけた富山の薬売りの心境がわかるような気がした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本型ワークシェアリング

もしも日本型○○というものが喧伝されるようになったら、眉につばをつけた方がいい。 本物の○○を、我が国の流儀に合うように焼き直したものだ。 少し考えてみると、それは本物とは似ても似つかぬものに変換されていることが多いのだ。 日本型ワークシェアリング。 従業員の身分を保障する代わりに賃金をカットするのだという。 おいおい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

草なぎ剛君と飯島愛さん

二人とも大好きなタレントだ。 草なぎ君の今回の件は、どうしてあんな大騒ぎになったのかと首を傾げてしまう。 はじめ、公園で裸になって逮捕されたと聞いて、当地の感覚では、誰もいない夜中の公園で裸になっても被害者はいないのだから、逮捕されるほどのことではなかろうと思った。まして、家宅捜索とは。 だいたい、山の中で、熊やカモシカを相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"なじぎ"に「冷えピタ」

先日バスの中から不思議な人を見た。 マスクをして時折咳き込みながら、額には冷えピタを貼っている。 仕事が込んでいて休めないのだろうか。 家の中でならともかく、外出中も貼っているくらいだから、よほどの高熱なのだろう。 職場に出ても能率が上がらず仕事にならないのではないか。 同僚も迷惑なのではないか。 本人は休みたいのに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ああ今夜も

楽しい一夜だった。 第2回送別会。 かつての懐かしい仲間たちが集まってくれた。 嬉しい、楽しい。 こんなにきれいな花束をいただいてきた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪国の住宅

伝統的な日本家屋というのは、雪国には合わない。 なぜなら隙間だらけだから。 高温多湿で夏は毎日30度を超えるような地方には、少し隙間があって風通しの良い木造住宅は優れた家屋だったのだろう。 けれども積雪寒冷地では、夏はともかく冬のすきま風は、少し大げさだけれど時には命取りになる。 思えば昔の人はよく我慢したものだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

OYKOT LIFE

東京の人たちは、自分たちの住んでいるところが日本の標準と思っているから、全国どこも同じと考えているだろう。 でも実はそうではない。 現に秋田では、テレビ東京とTBSが地上波ではネットされていない。 セブンイレブンが一つもない。 東京で当たり前のことが地方では当たり前でない場合がある。 その逆も。 地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送別会

今夜は送別会だった。 6年前に一緒に仕事をした仲間たちが送ってくれた。 私は、まだ退職の実感がわかない。 ああ もうそんな歳か。 間もなく60歳・・・・・・・ あっという間だった。 きれいな花束を贈られて でも、去年までは贈る側で、贈られるのはずっとずっと後のことだと思っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合同自主トレーニング

自主トレーニングって一人で自主的に行うから自主トレーニングって言うんじゃないかな。 合同でやったら、 その精神とは相容れない、 どこか自主的でない感じがするんだが、 考え過ぎか。 要するに、じりつ(自立・自律)した個を尊重しようと言いたいわけ。 もちろんこのブログの読者ならとっくにご承知のはず。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成の「蟹工船」 メタボラ

桐野夏生さんの「メタボラ」 やっと、この小説の訴えたいことがわかったような気がした。 朝日新聞に長期に渡って連載され、単行本になった。 帯には、破壊されつくした僕たちは、〈自分殺し〉の旅に出る。と。 連載中から主人公のある言葉が気になっていた。 「人生はいつも、意外な形で終わりがくる。封を切った煙草。使いかけのパスネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我がミス・デイジーの知られざる一面

今日は、デイジーの知られざる一面を聞いてきた。 デイサービス、ケア・マネージャー等の介護担当者と私の4者で色々と情報交換をした。 えっ、と思うような話を聞いた。 デイジーが、デイサービスの施設で聾唖の方お二人とホワイトボードで意志疎通を図っていたのだそうだ。 お二人は最近来られないとのこと。 それで寂しがってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の忘年会

今日は人生最後の忘年会だった。 こう書けばちょっと大げさだけれど、職場の忘年会は事実上今日が最後になるはずだ。 楽しかった。 福引きがあり、飲み食べ語り大いに盛りあがった。 人生最初の職場の忘年会から、もう36年も経ったことになる。 あっという間の出来事だった。 あと元気でいられるのも、せいぜい20年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり経済”も”わからん

全然わからん。 何故、急に車が売れなくなるのか。 つい最近まで、好況をかこっていた企業が・・・・・ 景気って何だ? わからん!!! 儲かっている時は、経営者や株主だけでなく、労働者にも十分な分け前を分配したらどうだろうか。 労働者はそれを消費にまわす。 個人消費が活性化して、まわりまわって景気が更に良くなるんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧困なる想像力

それにしても 車で人を引っかけて引きずり回したら死ぬかも知れないとか 信号が赤に変わっても突っ走ったら大事故につながるかも知れないとか 歩道に車を止めたら歩行者が迷惑するだろうとか バスの二人がけの座席で真ん中に座り込んだらあと一人座れないかも知れないとか そんな想像力を働かせたらきっと少しは世の中のみんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、猛烈に腹が立っている

つい先ほど帰宅したばかりだ。 今日も街歩きをしてきて、少し疲れたので秋田駅の東西通路のベンチに腰掛けて休んでいた。 携帯の画面をのぞきながら、乗換案内でいろいろ検索していると、隣に誰かが座る気配がした。 ふと見ると初老の女、顔を見たのだが瞬間のことだったから良く覚えていない。 さて、と立ち上がるとどうもおかしい。 袋が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西部のイタチ男

今日の新聞。 我らが麻生総理の読み間違いで結構盛り上がっていた。 フシュウ ハンザツ ミゾウユウ それぞれ 踏襲 頻繁 未曾有 らしい。 まっ 私をはじめ誰でも読み間違い 言い間違いはあるから 人様のことをとやかく言う資格はない。 私だって気が付かぬ間に言い間違いを犯しているに違いない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定額給付金

地方へまかせると言われたってな。地方は大変だ。 ちゃんと事務費をくれるんだろうか。 臨時職員の採用や時間外勤務手当の支給等々で地方だってただでできる訳じゃないよ。 それに12000円もらったって、飲み会一回と二次会のカラオケ、単行本一冊でパーだし・・・・・ タンス貯金する人も相当いるだろうから、景気回復にはあんまり役に立ちそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日も街を歩く

落ち葉が少ないな 歩道がきれいになったな さては あの方が出動したか 案の定 映画を見に行った ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ もうこのような物が設置されていた そう 冬が近い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more