テーマ:社会

町内会の役員

町内会の新役員がなかなか決まらない。 そのため、今年度は昨年までの役員が今年度一年との条件で継続することになった。 高齢化が着々と進み,やりてはいない。 様々な行事ももう手を余す。 町内自体が、青壮年期の頃は、若手も多く、それほど苦労はなかったはずだけど、今のように、平均年齢が70歳を超す(おそらく)ようになると、おいそれと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

制服 校則 黒い髪

どこかの小学校の標準服がアルマーニになりそうだという。 従来の倍近い価格。 何故そこまでしなくてはならないのだろう。 校長や教師も入学式や卒業式にはアルマーニを着るのだろうか。 一学期の終業式はアルマーニの夏服。 こりゃ大変なことだ。 私が小学生の頃は、制服も標準服もなかった。 60年も昔の頃だ。 ズボンの尻や膝…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

降りる

先日のこと、停留所にバスが止まると、女性が椅子から立ち上がった。 すると、その女性の動きを封ずるような形で立っていた年配の男性が、「降りる」と言った。 意味を判じかねた女性が,かいくぐって出口に向かおうとすると、また「降りる」と言った。 この場合、「降りる?」なのか、「降りる!」なのか私にも良くわからなかった。 はっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わからないことだらけ

頭の悪い私にはわからないことが多すぎる。 1 森友学園に売却された土地は、もし評価額とゴミの撤去費が同額の見積もりなら、評価額-撤去費=0になるから、ただで譲渡されたのだろうか。 2 行政の側に、的確に撤去費を見積もる知見が無ければ、普通は民間の業者などその能力のある者に委託するのではないだろうか。 3 写真で判断する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日も雪

去る7日、ドサリと降った雪を寄せて、やれやれと思ったら今日も降った。 7日の雪は、軽くて除雪が楽だったが今日は重い。 下手をすると腰や膝を痛めかねない。 こんな時は本当に憂鬱だ。 7日の時も今日も、除雪車は来ない。 共助だとか自助だとかでなるだけ自分たちだけでやらせる算段だ。 今はまだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

みんな

長いものに巻かれるのはなんとも心地よいことだ 実態の良くわからない”みんな”がこう言っているから ”みんな”と同じならとりあえず大丈夫かなと そうすればストレスがないから 楽だよな いつか 間違いに気が付いた時は、もう遅いかも知れない その時もやはり、あの時のようにみんなが悪いと言うのかな
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どうしたことか

先日の食堂での出来事。 女子店員「お客様 注文の方大丈夫ですか」 えっと、注文の方って、ただ注文でいいんじゃないか? 何に一番びっくりしたかというと、 「大丈夫ですか」 最近は、どこもかしこも「大丈夫」ばやりで、もうあまり驚かなくなったけれど、今回ばかりは驚いた。 ホテルの営業マンとの打ち合わせ。 私をつれてその部…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平成雪合戦(補訂)

今日はぼた雪。 湿った雪が重い花びらのように落ちてくる。 もう少し水分の少ない方が楽だけれど、雨よりはましだ。 時々、ハーフコートについた雪を払い落とすことができる。 圧雪されて少し溶けては固まり、また溶けては固まりを何度も繰り返しているうちに、厚い氷が道路を覆っていた。 先日その氷を掻き砕いた。 家の前の道路は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デパ地下と商店街

秋田市内のデパ地下、と言っても一つしかないけれど大勢の人で賑わっていた。 いつもこのくらいの人出があったら秋田駅前商店街も大いに活性化すると思う。 毎日セイントバレンタインデーならいいのに。 かくいう私も自分用に一箱購入してきた。 家族からもらった物は既に消費してしまったし、せめて本番の日に食べる物を手元に置きたかった。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

グランクラスと中流

私が子どもの頃、国鉄の客車の車両にはⅢ(3等車)と表示されていた。 たまに、Ⅱ(2等車)と表示された車両が連結されることがあった。 その車両に行くには、磨りガラスのはめ込んだドアを開けなければならなかった。 たまに車掌が出入りして、ちらりとのぞき込むことができたが、そこは別世界。 椅子には白布がかけられ、今で言うロマンスシー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

超高齢社会

先日のこと、いつものクリニックで高齢の女性に出会った。 彼女は玄関から待合室をのぞき込んで、迷っている様子だった。 あまり混んでいるので午後からまた出直してくるという。 腰が曲がり杖をついているので、「何で来るんですか」と問うと、「車」とのことだった。 こちらから聞いたわけでもないのに、「85歳」と言う。 バス停の前に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遠い世界

消費税の軽減税率が自民党と公明党の間で話し合われ、大筋で決着を見たらしい。 けれどもその決着がどこか遠い世界の出来事で、どうしても自分たちと大いに関係のあることだとは思われない。 実感が湧かないのだ。 広範な国民的な議論が行われたのか。 そもそもお得意の公聴会などが開催されたのかどうか。 年金生活者の私には、上がっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春闘

今は昔、春闘という行事があった。 労働組合が団結し、経営側に賃上げなどの労働条件向上のための要求を突きつけて戦いを挑んだのだ。 ニュースでは、今日は機械だ、電気だ、造船だのと回答の出た業種の賃上げの状況が逐一報道され「ホウホウ頑張っているな」と思ったものだ。 JRの前身の国鉄などもストを構え、要求が通らない時は、果敢に挑み、多…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ああNHK

NHKは実に気の毒だ。 右からも左からも偏向報道なんて言われる。 いっそのことニュースとドキュメンタリーはNHKライト(又は保守)とNHKレフト(又はリベラル)に分けてはどうだろうか。 (中道もあるんじゃないかって? う~ん そんなものあるだろうか。そもそも今のNHKの幹部は自分たちのことを中道だと思っているだろうし。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ランチ

最近女性の皆さんからランチに誘われることがある。 これが大の苦手。 ランチというのは、ただ昼食を一緒にとるだけでなく、メインの料理を食べ終わった後、コーヒー一杯で何時間もおしゃべりするらしい。 たいていの男性なら食べるものを食べたらさっさと出て行く。 東京に行くと、食後、喫茶店で談笑する光景を見かけたものだけれどそれも昼…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

国家総動員

いえ戦争のことではありません。 福島の原発事故対策のことです。 地下水の汚染、タンクの水漏れと想定外(本当は想定できたはず)の事故が相次いでいます。 事故現場に地下水があればそれは汚染されるはず、しかも海のそばだからどこからか流れていくはず。 タンクは必ずしも完璧でないかもしれない。どこかに穴があったり隙間が生ずるかもし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

孫の迎撃と逆襲

態勢が完了した。 マルマルモリモリも購入したし、今日は子供用のスコップも買ってきた。 毛糸の手編みの手袋は、昨日東京に送ってある。 あとブーツを準備すれば完璧だ。 2才になったばかりだから、雪だるまづくりもじいじが主導しなければなるまい。 先日のボランティアの集会後の雑談である女性が会をやめるとのことだった。 理由は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高齢化率29.6%

バスに乗って、さてワンコインの利用者はどのくらいいるのだろうと数えてみた。 70才以上の高齢者は、証明書を示せば秋田中央交通の市内路線を100円で利用できる。 詳しくはこちら↓ http://www.city.akita.akita.jp/city/wf/kg/bus/default.htm 午後1時過ぎ、秋田駅から我が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川柳 自選

カンカンと鳴る鐘止まぬ日本中 遂にならなくなります。 ローソンの外灯消えて早六月 あの日から間もなく6ヶ月。 段々と馬鹿になるねと九十一 我が母の最近の口癖です。 今日訪ねてみたら少し鼻声です。 明日まで様子を見て 場合によっては病院に連れて行きます。 毎日、「ありがとう。頼むね」と言います。 段々と馬鹿にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暴走族OBのボランティア

また暴走族のシーズンがやってきた。 いったい暴走族のOBというのはどうしているのだろう。 白髪頭や髪の毛の薄い暴走族はいないから、それなりに世代交代をしているんだろうね。 是非お願いしたいことがある。  一つは現役暴走族の教育だ。   教育の内容     座学        臨床心理学(特に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しったけ愛して

バスに乗っていたら無線が突然作動した。 「市立病院のどご しったけ 込んでるしよ」 翻訳すると、 市立病院の所 ものすごく 込んでいますよ になる。 おそらく病院へ向かう車で周辺の道路が混雑しているのだろう。 市立病院は、バスの便が整い、通院にはかなり便利なはずだ。 にもかかわらず、一斉にマイカーで通院するから狭い道…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

裁判員の苦衷

裁判員が関わる裁判で死刑の判決が出た。 苦渋の判断だろう。 これまでは職業的裁判官にその重荷を背負わせきた。 これからは一般の市民もその重荷を背負わなければならない。 しかし、それを負うのは裁判員だけではない。 裁判員は国民の代表として裁判に参加しているのだ。 一億の国民がそのバックにいるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

危機管理って何だろう

保安官が逮捕されないことになった。 そりゃそうだ。 連邦保安官ワイアット・アープが逮捕されてたまるものか。 でもね、 この度の海上保安官の問題は別だよね。 国家組織の一員として守るべき事は守ってもらわなくてはならない。 あの事件が起こって以来、マスコミは、検察がビデオを公開しない理由について、重要な証拠だから手の内を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公務員の給与

テレビでは公務員の給料の2割カットだとか、ボーナスは半額カットだとか勇ましくもかまびすしい。 どんな根拠があるのか。 政治家は公務員叩きが票になると思っているらしい。 公務員も労働者。 彼らの給与は人事院の民間給与の実態調査の結果、勧告されている。 しかも、勧告が高いというので民間給与の調査範囲がより小規模…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

労働組合は必要?

今朝の読売新聞に厚生労働省が14日発表した「労使コミュニケーション調査」の結果が掲載されている。 それによると、労働組合が「是非必要」「どちらかといえば必要」とした回答は54.5%で2004年の前回調査(63%)を大きく下回ったとのこと。 どおりで、給料上がらないはずだ。 自助努力しないんだもん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんざり!

先日のこと。 あるところへ電話をかけた。 すると、受けた女性が「何とかかんとか(その会社の宣伝)秋田店の何の誰それです。」 誰が通話料を負担しているんだ! こちらがかけた電話の通信料でとくとくと自分の所の宣伝をして、聞いてもいないのに自分の名を名乗る。 こっちはそんなことを聞いていない。 自分の電話し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高齢者の所在不明

高齢者の所在不明の問題が大騒ぎになっている。 戸籍や住民票は自ら手続きをしなければ、公的な書類上の異動は生じない。 出生や結婚や死亡はきちんと届けなければ戸籍に変動はない。 転出した時に転出届、転入した時に転入届を提出しなければ、住所は変わらない。 70才の人が転居しても届け出なければ、30年後にはおそらく所在不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道州制-北日本海州の提案

道州制と言うと東北地方は仙台市を州都とする東北州がほぼ常識のようだ。 だけど本当にそれでいいのだろうか。 太平洋側中心にならないか。 今でも東北地方は宮城県と言うより仙台市が中心という認識が強い。 山形市は仙台圏。盛岡市、福島市も仙台市と近いし、東北州の州都ととして仙台市には抵抗が少ないのかも知れない。 新幹線は太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかしな”肩書き”

テレビでは耳障りなある肩書きが繰り返されている。 「元工作員」ならまだしも、いったい何故”元”死刑囚なんだろう。 このような場合でも肩書きを付けないなければならないのか。 普通、肩書は敬称に代えて使われる場合が多い。 社長、部長、課長とか先生、師匠等々 いっそのこと呼び捨て、どうしても元死刑囚と言いたいのな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たちあがれ日本

で、その後どうすんの? 社会民主党や共産党もあることだし右よりの政党があっても良い。 色々な考え方の人がいるから、それらの人たちの意見を代弁する政党があっても良い。 マスコミも いつまでも、中立でございますなんて言わないで そろそろ旗幟を鮮明にしても良いのではないか。 もっとも、既にぎらぎら鮮…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more