テーマ:高齢化

さるまたとパンツ

意外と早く乾いたので、昨夜からさるまたをはいた。 父が愛用した理由を理解した。 LLサイズを購入したからゆったりしているのはわかるが、実に肌触りが良い。 腹をすっぽり覆うから腰の辺りをゴムで圧迫しない。 つまりかゆくならないのだ。 伝統的なさるまたには支持される合理的な理由があるのだ。 父がはいていた物と比較すると、やや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾燥肌

歳をとるとあちこち不調なところが出てくる。 今度は乾燥肌だ。 ある日、あちこち体がかゆくなり、病院に行った。 乾燥肌だそうで、専門の異なる3人のドクターがそう言うからまず間違いないのだろう。 治療法はと言うと、クリームなどで保湿することだそうで、水分をたくさん摂ったからと言って、改善するわけではないらしい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

超高齢社会

先日のこと、いつものクリニックで高齢の女性に出会った。 彼女は玄関から待合室をのぞき込んで、迷っている様子だった。 あまり混んでいるので午後からまた出直してくるという。 腰が曲がり杖をついているので、「何で来るんですか」と問うと、「車」とのことだった。 こちらから聞いたわけでもないのに、「85歳」と言う。 バス停の前に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忍び寄る老い

これまでに無い経験。 もう死ぬかと思った。 昨夜の夕食で、焼酎のお湯割りを飲んでいた。 変だなと思った瞬間、猛烈に咳き込み口に含んでいた飲み物と食べ物を一挙に吐き出した。 それでも収まらず、しばらくの間息苦しくて、両腕がしびれ、もう終わりかと思った。 こんなことが時々ある。嚥下する力が落ちたのか。 ペット飲料の封…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

居眠り

夜中に突然目が覚めてトイレに行き、帰ってから暫く眠れないことがある。 新聞配達のバイクがバタバタとやってきて、網戸を開けて玄関に入り、かさっと音を立てて郵便受けに入れていく。 爆音が遠ざかり元の静けさに戻る。 それからが暗闇との格闘だ。 前立腺肥大で、一時期夜中のトイレが頻繁になったが、幸い薬が良く効いて、今では多くても一度…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高齢化率29.6%

バスに乗って、さてワンコインの利用者はどのくらいいるのだろうと数えてみた。 70才以上の高齢者は、証明書を示せば秋田中央交通の市内路線を100円で利用できる。 詳しくはこちら↓ http://www.city.akita.akita.jp/city/wf/kg/bus/default.htm 午後1時過ぎ、秋田駅から我が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

めざしの話

(さも自慢そうに)昨日はフランス料理のフルコースを食べてきた。 帰る道々、「そう言えばしばらくめざしを食ってないなあ」と思った。 で、帰るなり女房にめざしを食いたいと言った。 女房はめざしの頭を残すけれど、私は頭から丸かじりする。 すると少し苦みがあるけれど、やがてほどよく塩気の効いためざし独特のふんわりとした身にありつ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more